彦坂晃作容疑者の顔画像と事件現場特定!元妻が車の前に立ち塞がった理由が明らかに

2019年12月20日の午前0時過ぎ、名古屋市南区曽池町3丁目の月極駐車場において、看護師の女性が知人の男性と口論になり、その後その場から立ち去ろうとした男性の車の前に女性が止めようと立ち塞がったところ、車は急発進し、ボンネットにしがみついた女性をそのままに、急停車や後退して、女性に右足首の骨を折る重傷を負わせ、一方通行の道を逆走して逃走したとして、愛知県弥富市のアルバイト店員である彦坂晃作容疑者が、殺人未遂の容疑で逮捕されました。

ここでは、彦坂容疑者の顔画像やFacebook、事件現場等について調べたことをご紹介します。

スポンサーリンク

彦坂晃作容疑者の事件概要

引用:https://www.tokai-tv.com

2019年12月20日の午前0時過ぎ、名古屋市南区曽池町3丁目の月極駐車場において、看護師の女性(28)が知人の男性と口論になり、その後その場から立ち去ろうとした男性の車の前に女性が止めようと立ち塞がったところ、車は急発進し、ボンネットにしがみついた女性をそのままに、急停車や後退して、女性に右足首の骨を折る重傷を負わせ、一方通行の道を逆走して逃走したとして、愛知県弥富市のアルバイト店員である彦坂晃作容疑者(28)が、殺人未遂の容疑で逮捕されました。

名古屋市南区で20日未明、男が車のボンネットにしがみついた女性を振り落とし、そのまま逃走しました。男は28歳のアルバイトの男で、先ほど殺人未遂容疑で逮捕されました。

「女性はこちらの駐車場で男と口論になり、車の前に立ちふさがった後、ボンネットの上にこのようにしがみついたということです」

名古屋市南区曽池町3丁目の月極駐車場で看護師の女性(28)が知人の男と口論になりました。
男が車でその場から立ち去ろうとしたため、女性が止めようと車の前に立ち塞がったところ、車は急発進。女性はボンネットにしがみつきましたが、車はそのまま走り続けました。

「あちらの防犯カメラが捉えていた軽自動車は、こちらで女性を振り落とした後、一方通行の道を逆走して北の方面へ走って行ったということです」

男は急停止と急発進を繰り返した末、50メートルほど離れた路上で女性を振り落とすと、一方通行の道を逆走して逃走。女性は右足首の骨を折る重傷を負いました。

犯行後、白の軽乗用車で逃走していましたが、先ほど、殺人未遂容疑で、愛知県弥富市のアルバイト店員、彦坂晃作容疑者(28)が逮捕されました。

引用:https://www.tokai-tv.com

今回の事件は、不可解な点も多そうですね。

一体どういった経緯で口論になり、彦坂容疑者の車を被害者女性が危険を顧みてまで、停止させなければならなかったのでしょうか。

今回の事件には不明瞭な点が多い印象を受けます。

加筆:被害者女性は彦坂容疑者の元妻であったらしく、スマートフォンを彦坂容疑者から取り返すために、車の前に立ち塞がったようです。

新しい報道記事はこちらからご確認ください。

彦坂晃作容疑者の事件概要に関する新しい記事

車の前に

また、今回の事件で彦坂容疑者の車がどのような動きをしたのか、動画で確認したい方は、下記の報道サイトからご確認してみてください。

https://www.tokai-tv.com

スポンサーリンク

彦坂晃作容疑者のプロフィール

今回逮捕された彦坂容疑者のプロフィールをまとめてみました。

氏名 彦坂 晃作
年齢 28歳
職業 アルバイト店員
居住地 愛知県弥富市

容疑 殺人未遂

今回の事件の被害者女性とはどこで知り合ったのでしょうか。

加筆:被害者女性は彦坂容疑者の元妻だったようです。

スポンサーリンク

彦坂晃作容疑者の顔画像とFacebook

引用:https://www.tokai-tv.com

今回逮捕された彦坂容疑者の顔画像は、まだ公開されていないようでした。

こちらは公開され次第、追加しておきます。

加筆:彦坂容疑者の送検の様子が報道されていました。

引用:https://www.tokai-tv.com

また、彦坂容疑者のFacebookアカウントを調べたところ、同姓同名のアカウントは見つからず、特定できませんでした

彦坂容疑者はFacebookを利用していないのかもしれませんね。

Facebookで『彦坂晃作』を検索した結果

スポンサーリンク

彦坂晃作容疑者の犯行現場

今回の犯行現場は、名古屋市南区曽池町3丁目の月極駐車場で口論した後に、付近の路上で被害者女性が怪我を負ったようでした。

地図で確認すると、この辺りのようです。

報道の画像と、ストリートビュー、航空写真を見比べてみましょう。

引用:https://www.tokai-tv.com

報道の画像の1枚目と2枚目の写真の奥に見える、特徴的なアパートか一軒家のような建物と、2枚目の写真に見られる、駐車場の入り口の看板が、ストリートビューの写真と一致するように思われます

それなので、当事者の方々が口論になった駐車場はここで特定できている可能性が高いのではないでしょうか。

また、彦坂容疑者が逃走の際に逆走した一方通行は、航空写真の地図の「手づくり工房K&M」と「呼続公園」に挟まれた道であるように思われます。

ストリートビューの写真と、報道の写真を比べると様子がとても似ていることが分かります。

それなので、この道で特定できているのではないでしょうか。

また、報道の写真と航空写真、ストリートビューから、道路の面に赤い部分があるということも共通して見受けられます

引用:https://www.tokai-tv.com

スポンサーリンク

彦坂晃作容疑者の犯行動機

引用:https://www.tokai-tv.com

今回の事件で、彦坂容疑者の容疑の認否について報道内では言及されていませんでした

加筆:彦坂容疑者は今回の事件に関して、

「被害者が自ら降りた」

引用:https://www.tokai-tv.com

と、容疑を一部否認しているようです。

しかし、被害者女性は

「男から一方的に好意を抱かれていて拒んだ」

引用:https://www.tokai-tv.com

と、コメントしているようです。

女性に拒まれたことで、腹いせに怪我をさせたのでしょうか。

しかし、不可解な点は、被害者女性が自ら車の前に立ちはだかり、彦坂容疑者の車を停止させようとしたことです。

その必要はあったのでしょうか。

行為を拒んで、それが気に食わなくて、容疑者が一方的に引き止めようと車で轢いてきたのならまだ納得がいきます。

しかし、被害者女性がわざわざ容疑者の男性を引き止めようとしたような印象を受ける事件で、何か重要な理由があったのではないかと気になるところです。

その重要な理由を考えてみました。

・話が決着していなかった

・容疑者の運転していた軽自動車が、被害者女性のものだった

があげられますが、真相は一体何なのでしょうか。

今後何かわかれば、追加しておきます。

加筆:被害者女性は奪われたスマートフォンを取り返したかったようです。

スポンサーリンク

ネットの反応

今回の事件に対して、ネット上では様々な反応が見られたのでご紹介します。

>「男から一方的に好意を抱かれていて拒んだ」

それでボンネットにしがみ付くのは整合性が取れません。
男性が被害者の可能性もあるので慎重に調査した方が良い

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

状況(被害者が加害者の車にしがみつく)と被害者の発言が合致しない。
嫌なら帰らせればよい

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

やはり、被害者の言動に対して不可解な点を抱いている方が多いようです。

意味がわからない

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

率直な感想としてこう思った方も多いのではないでしょうか。

今回の事件は、慎重に捜査が続けられていくことが求められているようですね。

加筆:

別の記事で男性が一方的に好意を抱いていたのになぜ女性が車の前に?と疑問だったがこう言うことか。
スッキリした!

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

今回の報道で、疑問点がスッキリした方は多かったのではないでしょうか。

元妻に男の子がいるのか気になってスマホを奪ったんじゃない?

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

被害者女性が車の前に立ち塞がった理由はわかりましたが、次は、彦坂容疑者がなぜスマートフォンを奪ったのかというところに疑問を抱いている声も見受けられました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする