星野健次容疑者の顔画像は?石川町でホームレス暴行「刑務所に入りたかった」

2019年5月11日の23時55分ごろ、横浜市中区吉浜町にあるJR石川町付近の高架下で寝ていたホームレスに暴行を加え、横浜市の無職である星野健次容疑者が12日に自ら出頭し、傷害の疑いで逮捕されました。

ここでは、星野容疑者の顔画像やSNS等について調べた結果をご紹介します。

スポンサーリンク

星野容疑者が起こした事件の概要

引用:http://www.news24.jp

2019年5月11日の23時55分ごろ、横浜市中区吉浜町にあるJR石川町付近の高架下で寝ていたホームレスに暴行を加え、横浜市の無職である星野健次容疑者(58)が12日に自ら出頭し、傷害の疑いで逮捕されました。

11日夜、神奈川・横浜市でホームレスの男性の頭をブロックで殴りけがをさせたとして、58歳の男が逮捕された。男は「刑務所に入りたかった」と話しているという。

傷害の疑いで逮捕されたのは横浜市に住む無職・星野健次容疑者(58)。警察によると、星野容疑者は11日夜、横浜市の石川町駅付近の高架下の路上で寝ていたホームレスの69歳の男性に対し、ブロック片で頭を複数回殴るなどした疑いが持たれている。

2人に面識はなく、男性は頭を骨折するなど全治1か月程度の重傷だという。

引用:http://www.news24.jp

刑務所に入りたかったという理由でホームレスをターゲットに暴行を加えるなんて、とても心の痛くなる事件ですね。

これで逮捕されて刑務所に入れられたら、星野容疑者の望み通りという、複雑な心境にさせられる事件です。

法の判断がどのように下されるのか注目している方も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

星野容疑者のプロフィール

今回逮捕された星野容疑者のプロフィールをまとめて見ました。

氏名 星野 健次(ほしの けんじ)
年齢 58歳
職業 無職
居住地 横浜市中区扇町

逮捕歴 20回以上
罪状 傷害

容疑者の住む横浜市中区扇町の隣が、日雇い労働者人口が多いことで有名な寿町です。

日雇い労働者として、なんとかして1日1日の生活を送っている現状もあります。

今回の容疑者はもしかしたらそういった環境に置かれ、生活苦の渦中にあったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

星野容疑者の顔画像

引用:http://www.news24.jp

今回逮捕された星野容疑者の顔画像を調査したところ、まだ公開されていないようでした。

こちらは公開されたら追加しておきます。

また、星野容疑者のFacebookアカウントを調査したところ、同姓同名のアカウントが複数存在し、特定することができませんでした。

Facebookで『星野健次』を検索した結果

スポンサーリンク

星野容疑者の犯行現場

今回の事件は、JR石川町駅付近の高架下で発生しました。

この辺りの高架下です。

ストリートビューは以下の通りになります。

報道されていた現場の写真はこちらです。

引用:http://www.news24.jp

アングルが異なりわかりづらいですが、左側の茶色い建物と、右側の道路標識の看板の位置関係からもこの辺りが犯行現場であると特定できるのではないでしょうか

また、この地域は横浜市内では有名な女子中高一貫校が集まる地域です。

今回の事件を受けて、心配に思う学生や保護者も多数だった過去しれませんね。

スポンサーリンク

星野容疑者の犯行動機

引用:http://www.news24.jp

今回逮捕された星野容疑者は、

「刑務所に入りたかった」「今の生活よりもそっちの方が良い」

引用:http://www.news24.jp

と供述しており、容疑を認めています

犯行の動機が刑務所生活の希望とはなんだか警察も頭を抱えてしまいますね。

普通ならば刑務所に入りたくないという心理があるので犯罪発生を防ぐ力になっていると考えられます。

しかし、今回は刑務所に入りたいから犯罪を犯してしまっています。

これでは防犯対策もなかなかとりづらいところですね。

刑務所の暮らしを望むほどの生活苦を味わっていたのでしょうか。

警察の慎重な捜査が望まれますね。

スポンサーリンク

横浜市中区寿町について

星野容疑者の居住地の隣町である寿町。

ここは日雇い労働者人口が多いということで有名な町です。

ここでは、そんな寿町についてご紹介します。

寿町は日本三大寄せ場の一つとして数えられています。

日本三大寄せ場とは

・あいりん地区:大阪

・山谷地区:東京

・寿地区:神奈川

0.1㎢未満という狭い町ですが、簡易宿泊所数は約120軒にものぼり、6500人前後の人々が利用しているそうです。

なぜこの地域が簡宿街になったのでしょうか。

それは、昭和31年に、野毛にあった柳橋寄せ場と横浜公共職業安定所が寿町に移転したことによって日雇い労働者もこの地域に集中するようになり、さらに様々な好条件からこの地域に日雇い労働者を対象にした簡易宿泊所が次々と建てられるようになったことが理由であるそうです。

スポンサーリンク

ネットの反応

今回の事件に対して、ネット上では様々な意見が見られたのでご紹介します。

規則正しい生活、カロリー計算された食事、お金の心配なし、布団あり、休み時間有り。孤独感なし。ホリエモンも健康的に痩せて出てきたもんなー。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

刑務所生活は、刑務所外で生活苦を味わうよりも、良い待遇を受けられるのではないかという意見ですね。

ライブドアの堀江貴文氏の前例からそう考えた方もいたようですね。

確かに、堀江氏は刑務所内での生活を漫画にもしていました。

漫画ということや堀江氏の人柄もありポップに描かれたその漫画では、刑務所が苦行というイメージが少し薄まり、何となく良いイメージが湧いた方も読者の中には多かったのではないでしょうか。

また、少し前に放送されたドラマでも女性受刑者が結託して脱獄し、友達のために復讐を行う様子が楽しく描かれているものもありました。

しかし、それらはエンターテインメントとして提供されているものなので、やっぱり厳しい現実が罪を犯した方を厚生するために用意されているのが刑務所であるという認識を一人一人が持つことは大切なことなのではないでしょうか。

被害者の方が、気の毒すぎる。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

本当にその通りですよね。

今回の被害者の方は、面識もない方から襲われて、大怪我を患ってしまいました。

それも、刑務所に入るための手段として大切な命が危機にさらされてしまったわけです。

本当に怖い思いをしたのだと思うと、心が痛いですね。

今回の事件は、横浜市中区で発生した傷害事件でした。

今回の容疑者は、刑務所に入りたいという理由で人を傷つけましたが、その星野容疑者に対してどんな対応がとられていくのか、世間では気になっている方が多く見られるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする