一井宗雄容疑者の顔画像特定!銀座のホステスから300万円奪った手口とは

2018年11月、常連だった銀座のクラブで40代のホステスから現金でおよそ300万円をだまし取り、2019年7月4日に一井宗雄容疑者が詐欺の疑いで逮捕されました。

ここでは一井容疑者の顔画像や事件の詳細について調べた結果をご紹介します、

スポンサーリンク

一井容疑者の事件概要

引用:https://news.tbs.co.jp

2018年11月、常連だった銀座のクラブで40代のホステスから現金でおよそ300万円をだまし取り、2019年7月4日に一井宗雄容疑者(65)が詐欺の疑いで逮捕されました。

銀座のクラブのホステスから現金およそ300万円をだまし取ったとして、常連客の会社社長の男が警視庁に逮捕されました。

詐欺の疑いで逮捕されたのは東京・千代田区の内装工事会社社長・一井宗雄容疑者(65)です。一井容疑者は去年11月、常連だった銀座のクラブで40代のホステスから貯金額を聞き出し、「銀行に現金を預けると、国に中身を知られ良くない」「私が一旦預かっておく」などと言って、現金およそ300万円をだまし取った疑いがもたれています。

警視庁によりますと、一井容疑者は、この3日後にも、さらに、およそ300万円を受け取っていました。

引用:https://news.tbs.co.jp

常連になっていてホステスとの信頼関係を築き上げたところで騙すなんてとてもひどい話ですね。

今回の手口は非常に単純ですが、信頼関係があったからこそ上手くいってしまったのでしょうね。

人の心が絡むと、怪しいことでも信じてしまうから、恐ろしいですね。

スポンサーリンク

一井容疑者のプロフィール

今回逮捕された一井容疑者のプロフィールをまとめてみました。

氏名 一井 宗雄(いちい むねお)
年齢 65歳
職業 内装工事会社 社長
居住地 東京都千代田区

罪状 詐欺

職業は内装工事会社の社長であったようですね。

ホステスのいるお店の常連であったことからも、生活は潤っていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

一井容疑者の顔画像

今回逮捕された一井容疑者の顔画像は、ネットのニュースで公開されていました

引用:https://news.tbs.co.jp

また、一井容疑者のFacebookアカウントを調査したところ、同姓同名のアカウントは存在せず特定することはできませんでした

一井容疑者はFacebookを利用していないのかもしれませんね。

Facebookで『一井宗雄』を検索した結果

スポンサーリンク

一井容疑者の犯行現場

今回の事件で一井容疑者は、常連であった銀座のクラブのホステスを狙ったようですね。

この辺りにはクラブなども多く軒を連ねているでしょう。

そんな中で今回のような事件が起こってしまったら、働いているホステスさん達の中には不安に苛まれる方も多くいるかもしれません。

スポンサーリンク

一井容疑者の犯行動機

引用:https://news.tbs.co.jp

今回の事件に関して、一井容疑者は

「仕事でミスがあり、どうしても金が必要だった」

引用:https://news.tbs.co.jp

と供述し、容疑を認めています

仕事でどんなミスをしたのでしょうか。

社長がミスをするということはよっぽどのことのような印象を受けます。

また、犯罪に手を染める前にどこか頼るあてはなかったのでしょうか。

社長ともあろう人ならば、何かコネクションがあったのではないかと悔やまれます。

それともミスの内容が誰にも言えないようなことだったのでしょうか。

真相が気になりますね。

スポンサーリンク

預貯金とマイナンバーについて

今回一井容疑者がホステスに語った、銀行に貯金していると国に把握されてしまうといった内容は本当なのでしょうか。

今の所未決定ですが、2021年に預貯金のマイナンバー登録が義務化される可能性が高いと言われているようです。

マイナンバー改正法により、個人の銀行口座とマイナンバーをリンクさせ、政府(国)が国民の預金の保有額を把握することを目的としての政策のようです。

言い換えれば、国民各々の預金額が国によって容易に調べられてしまう未来になることが予想されるということです。

なんだかそれはそれで、不思議な気持ちを抱いてしまう世の中ですね。

中には気持ち悪いと思う人もいるかもしれません。

そういった人にとったら、今回の事件のような言葉をかけられると、安易に信じて頼ってしまうということも大いに考えられる話です。

自分の財産は自分でしっかり守っていきたいですね。

スポンサーリンク

ネットの反応

今回の事件に対して、ネット上では様々な意見が見られたのでご紹介します。

銀座に飲みに行く回数を減らせば300万だったらすぐに全額とはいかないまでもなんとかなったような気がするけどなぁ。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

一井容疑者の年齢や立場から考えても、600万円という金額はなんとか用意できたのではないでしょうか。

老後に備え貯金していてもおかしくない額です。

日頃の贅沢を少し我慢すれば、犯罪に手を染めなくても済んだのではないかと考えてしまいますね。

300万受け取って更に300万円 計600万円
どんな肩書の奴でも金に関して信用してはならないな

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

悲しい事実ですが、お金は人を狂わせます。

大なり小なり、毎日どこかでお金のトラブルとは発生してしまうであろうものです。

たとえ少額であっても、返って来てほしいお金ならば貸し借りをしないことが賢明で、一番のトラブル対策なのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする