稲葉秀明容疑者の顔画像は?刃物による虐待か?…痛々しすぎる長男の怪我

2019年5月5日に茨城県神栖市において、長男の手首を包丁で傷つけたり指をハサミで切るなどして怪我を負わせた疑いで、2019年6月5日に稲葉秀明容疑者が逮捕されました。

ここでは、稲葉容疑者の顔画像やSNS等について調べた結果をご紹介します。

スポンサーリンク

稲葉容疑者の事件概要

2019年5月5日に茨城県神栖市において、長男の手首を包丁で傷つけたり指をハサミで切るなどして怪我を負わせた疑いで、2019年6月5日に稲葉秀明容疑者(34)が逮捕されました。

小学2年生の長男(8)の手首を包丁で切りつけるなどしてけがを負わせたとして、茨城県警神栖署は5日、傷害の疑いで同県神栖市の無職、稲葉秀明容疑者(34)を逮捕した。

逮捕容疑は5月5日ごろ、自宅で長男の手首を包丁で切りつけたり、手の指をはさみで切りつけたりして、約1週間の軽傷を負わせたとしている。担任の教諭が長男のけがに気づき、報告を受けた児童相談所が神栖署に通報していた。

引用:https://www.sankei.com

我が子に対して刃物を向けるなんて、とても恐ろしい事件ですね。

稲葉容疑者は日常的に虐待を行なっていたのでしょうか。

今回が突発的な犯行だったのでしょうか。

いずれにせよ慎重捜査が求められますね。

また、被害者である長男の身体的・精神的なケアも重要になってきそうですね。

スポンサーリンク

稲葉容疑者のプロフィール

今回逮捕された稲葉容疑者のプロフィールをまとめてみました。

氏名 稲葉秀明
年齢 34歳
職業 無職
居住地 茨城県神栖市
罪状 傷害

家族構成については公開されていないようでしたが、稲葉容疑者の妻、すなわち長男の母にあたる人は一体一緒に住んでいたのでしょうか

もし同居しているようであれば、稲葉容疑者の行為に関して何か言うことはなかったのでしょうか。

同居人の有無や、もし同居していたならばそういった点もとても気になってきますね。

スポンサーリンク

稲葉容疑者の顔画像

今回逮捕された稲葉容疑者の顔画像を調査したところ、まだ公開されていないようでした。

こちらは公開され次第、追加しておきます。

また、稲葉容疑者のFacebookアカウントを調査したところ、同姓同名のアカウントが他にも存在し特定できませんでした

Facebookで『稲葉秀明』を検索した結果

スポンサーリンク

稲葉容疑者の事件現場

今回の事件現場は、茨城県の神栖市にある自宅でした。

小学校の先生が長男の怪我に気がついて児童相談所に報告したことで発覚した今回の事件。

第三者がしっかりと児童を見守り、対策を講じることができる地域の仕組みが樹立されているような印象を受けました。

稲葉容疑者の犯行動機

稲葉容疑者は今回の事件に対して、容疑を否認しています。

稲葉容疑者の今回の犯行動機は一体何であったのでしょうか。

思いついたものを挙げていきます。

・育児などのストレスから

・カッとなって突発的に

・日常的に虐待をしていた

・飲酒による正常な判断の欠如

などが、考えられました。

また容疑を否認していることから、悪いことをしてしまったという認識がないということも考えられます。

もしそうだとしたら、とても恐ろしいことですね。

今回の事件の動機や日常的な虐待の有無も含めて、警察の慎重な捜査がのぞまれているでしょう。

スポンサーリンク

虐待をしてしまう親の特徴

日本で後を絶たない虐待の報道。

本人たちが虐待と思っていなくても、子供に虐待をしてしまっているというケースもあります。

心の痛くなるニュースも多いです。

子育てにストレスを全く感じないという人は少数で、何かしら親はストレスを抱える中で我が子を愛して育てていきますよね。

そんな環境の中で子育てをしていますし、正直いつ自分が加害者になってしまうかもわからない危険と常に隣り合わせですよね。

そこで、ここでは虐待をしてしまう親の特徴をいくつかご紹介します。

・生活が貧困状態にある

・離婚経験があるパートナーに連れ子がいる場合

・「暴力がしつけには不可欠」という考えがある場合

・人付き合いが苦手な人

・被害者意識を抱いている人

・何でも相談しあったり、言い合ったりできる友人がいない

・虐待された経験のある人

などが挙げられます。

これらの特徴にあてはまったとしても、強い意志と誠実な理性、我が子への愛情がしっかり備わっていれば悲しい事件にはならないはずなので、愛情たっぷりで我が子を愛していきたいところですね。

スポンサーリンク

ネットの反応

今回の事件に関して、ネット上では様々な意見が見られたのでご紹介します。

8歳の子供に、酷すぎる
担任の先生が気が付いてくれて良かった
子供は、どんなに悪い親でも中々自分から親を悪くは言わない … 健気すぎる 。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

これ担任の教諭が気づいてなかったらって思うとゾッとしますね・・・

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

担任の先生が気が付いてくれてよかったという意見が多く見られました。

本当にその通りです。

担任の教諭がしっかり生徒を見ていたからこそ今回の事件が、例えば命に関わるなどといったような、取り返しがつかなくなる前に発覚されて、本当によかったですね。

子は親を選べないからね。いちばん頼りたい人に・・・ひどすぎる。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

親も子を選べませんが、もちろん子も親を選べません。

産まれてきてくれた我が子をしっかり愛して大切にするのが親の務めのはずですよね。

この事件をきっかけに、そのことに容疑者が気が付いて、子供を大切にしていってほしいです。

今回の事件は茨城県神栖市で起こった、父親による長男への傷害事件でした。

きになる点も多いこの事件、しっかりと慎重に捜査が進められてほしいです。

また被害を受けた長男の、身体的にも精神的にも、1日でも早く傷が癒えるように願っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする