糸井祥太容疑者の顔画像は?昨年10月にも同様の事件ー埼玉

2019年4月4日に、詐欺未遂の疑いで埼玉県警川越署の巡査である糸井祥太容疑者が逮捕されました。

ここでは、糸井容疑者の顔画像やSNS等について調査した結果を紹介します。

スポンサーリンク

事件の概要

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

2019年4月4日に、詐欺未遂の疑いで、埼玉県警川越署の巡査である糸井祥太容疑者(25)が逮捕されました

埼玉県警の警察官が、遺体があった部屋の清掃費用などの名目で遺族から現金数十万円をだまし取ろうとしたとして逮捕されました。

埼玉県警川越警察署の巡査・糸井祥太容疑者(25)は、川越市で病気のため死亡した67歳の男性の姉(69)から現金40万から50万円をだまし取ろうとした疑いが持たれています。

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

また、今回は騙されそうになった女性が不審に思い、葬儀屋に相談したことで被害を未然に防ぐことができたようです。

高齢者に対して詐欺をはたらこうとする事件がまた起こってしまいました。

今回は、職業を利用して詐欺をはたらくといった、とても悪質な印象を受ける方が多いのではないでしょうか。

市民の正義の味方である、警察官が詐欺であるというのはとてもショッキングで、また地域の方もとても不安になってしまいますね。

スポンサーリンク

糸井容疑者のプロフィール

今回逮捕された糸井容疑者のプロフィールをまとめてみました。

氏名 糸井 祥太(いとい しょうた)
年齢 25歳
職業 警察官(巡査)
勤務先 埼玉県警川越署
居住地 埼玉県川越市
罪状 詐欺未遂

今回の事件は容疑者の職業が警察官ということもあり、世間の注目を集める事件となっているのではないのでしょうか。

スポンサーリンク

糸井容疑者の顔画像

今回逮捕された糸井容疑者の顔画像を調査したところ、まだ公開されていないようでした

こちらは事件に進展があり公開されるようになったら追加しておきます。

また糸井容疑者のFacebookアカウントを調査したところ、同姓同名はいましたが有益な情報はなく、特定することはできませんでした

気になる方は、こちらから調べてみてください。

Facebookで『糸井祥太』と検索した結果

スポンサーリンク

糸井容疑者の勤務先

糸井容疑者の勤務先である埼玉県警川越署を地図で見てみましょう。

今回亡くなった、被害を受けそうになった女性の弟である男性も川越市在住であったので、糸井容疑者の勤務先に近いところに住居があったかもしれませんね。

川越市民の安心のためにも、まずは川越署の中でもう一度警察官としての在り方を確認して防犯に強化していってもらいたいところですね。

スポンサーリンク

糸井容疑者の供述

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

今回の事件について、糸井容疑者は

電話したことは認めているが、現金をだまし取ろうとしたことは否認している

引用:https://this.kiji.is

様子です。

事実関係をしっかり捜査してもらいたいところです。

また近藤勝彦主席監査官は今回の事件に関して、

「捜査結果を踏まえ、厳正に対処する」

引用:https://this.kiji.is

と、コメントしています。

スポンサーリンク

埼玉県警で同様の事件

2018年10月19日に、埼玉県警草加署で同様の事件が起こり、詐欺と詐欺未遂の疑いで草加署刑事課強行犯係巡査(22)が逮捕されていました

事件の概要は以下の通りです。

逮捕容疑は、9月27日、急病死した草加市に住む男性=当時(82)=の長女(48)に対し、警察が提出を求める死体検案書とともに「他に82万円かかる」などと言って約82万円を詐取。また、今月18日、長女に対し、「200万円足りない」などとさらに現金を要求してだまし取ろうとした疑い。

引用:http://www.saitama-np.co.jp

この時の容疑者は勤務態度に問題がなかったようです。

だまし取ったお金はゲームの課金に使ってしまったと供述していました。

わずか半年ほどの内に、埼玉県警で警察官が容疑者になる事件が2回も起こってしまいました。

とても残念なことで、また埼玉県民をとても脅かす事実です。

この2つの事件から、埼玉県警の今後の防犯と再犯対策が強化されることがのぞまれてくるでしょう。

市民を守る警察官の誠実な姿勢が今後より一層問われてくるのではないでしょうか。

さらに少し気になるのは、この2つの事件は若い警察官によって引き起こされていたということです。

いくら若かったとしても、社会に出て働くということにしっかりと責任を持って、犯罪の誘惑に負けない強い意志を持っていてほしかったですね。

スポンサーリンク

ネットの反応

今回の事件に対して、ネット上では様々な反応が見られましたので、ご紹介します。

本物の警察官じゃ、本物の詐欺集団よりもタチが悪いな。
誰を信じたらいいんだ?

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

川越市民、埼玉県民を筆頭に、警察官を信じていいのか不安になる人も多かったのではないでしょうか。

警察官の信頼回復のためにも、今回の事件に埼玉県警をはじめとする捜査に関わる警察官たちが真摯に向き合っていってくださることを願います。

今回の事件は、市民を守る公務員である警察官が容疑者ということで注目を集める事件だったのではないでしょうか。

これからの埼玉県警の誠意的な動きを期待したいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする