上条陽介容疑者の顔画像特定!SNSは?勤務先飲食店はどこ?八王子で性的暴行

2019年11月20日の深夜、東京都八王子市において、終電を降りて帰宅途中であった女性を脅し、さらに性的暴行を加えたとして、八王子市の飲食店店長である上条陽介容疑者が、2019年12月4日に強制性交の疑いで逮捕されました。

ここでは上条容疑者の顔画像や、Facebook、勤務先等について調べたことをご紹介します。

スポンサーリンク

上条陽介容疑者の事件概要

引用:http://www.news24.jp

2019年11月20日の深夜、東京都八王子市において、終電を降りて帰宅途中であった女性を脅し、さらに性的暴行を加えたとして、八王子市の飲食店店長である上条陽介容疑者(29)が、2019年12月4日に強制性交の疑いで逮捕されました。

強制性交の疑いで逮捕されたのは、八王子市の飲食店店員・上条陽介容疑者。

警視庁によると、上条容疑者は先月20日の深夜、八王子市内の路上で帰宅途中だった30代の女性を「騒いだら殺すぞ」などと脅し、人目につかない場所に連れ込んで性的暴行を加えた疑いがもたれている。

女性と上条容疑者の間に面識はなく、上条容疑者は深夜、駅から出てくる女性を物色し、最終電車を降りた被害者の女性のあとを500メートルほどつけて背後から襲ったという。

引用:http://www.news24.jp

今回の事件は、多くの女性に恐怖感を覚えさせた事件なのではないでしょうか。

被害者女性の方がかなりのトラウマを抱えてしまったのではないかと、心配です。

1日でも早く快復されることを願っています。

スポンサーリンク

上条陽介容疑者のプロフィール

今回逮捕された、上条容疑者のプロフィールをまとめてみました。

氏名 上条 陽介(かみじょう ようすけ)
年齢 29歳
職業 飲食店店長
居住地 東京都八王子市

罪状 強制性交

上条容疑者は八王子を拠点にしていたようですね。

犯行現場も八王子市内ということだったので、勤務終了後に市内のどこかの駅で女性を物色して犯行に及んだ可能性が考えられますね。

勤務先についての詳細は、報道内で紹介されておらず、飲食店ということはわかりましたが、場所や名前は特定できませんでした。

夜中まで営業している飲食店も数多くあり、上条容疑者は店長であるので、便利な点から、もしかすると居住地と同じ八王子市内に勤めていたということも考えられますね。

スポンサーリンク

上条陽介容疑者の顔画像やFacebook

今回逮捕された上条容疑者の顔画像を調査したところ、ネットのニュースで公開されていました

引用:http://www.news24.jp

また、上条容疑者のFacebookアカウントを調べたところ、同姓同名のアカウントは存在しましたが、判断材料が少なく特定に至りませんでした。

Facebookで『上条陽介』と検索した結果

スポンサーリンク

上条陽介容疑者の犯行現場

今回の事件は、八王子市の路上で発生しました。

スポンサーリンク

上条陽介容疑者の犯行動機

引用:http://www.news24.jp

今回の事件に関して、上条容疑者は、

「間違いありません」

引用:http://www.news24.jp

と供述し、容疑を認めています

今回の犯行動機について考えてみました。

怨恨ーこちらの線は、駅でターゲットを物色している時点で薄いと考えられます。しかし、女性という存在そのものに恨みを持っているということで怨恨という可能性はゼロではないですね。

性的な欲求ーこちらが可能性として最も高いと考えた方も多いのではないでしょうか。

ストレスー飲食店の店長というと激務のイメージがありますよね。そういった日常のストレスから、理性的に判断ができなかった可能性も考えられます。

などが、挙げられました。

しかし、真相は本人にしかわかりません。

真相が語られて、報道されたらまた追加しておきます。

スポンサーリンク

強制性交と準強制性交の違いは?

今回の容疑者が問われている罪は、強制性交でした。

しかし、「準」という言葉がつく、『準強制性交』と聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。

ここでは、強制性交と準強制性交の違いについてご説明します。

強制性交とは、暴力や脅迫といった手段を用いて性交等の行為におよぶことを指します。

一方、準強制性交は、心神喪失や抗拒不能の状態を利用して性交等の行為におよぶ場合のことです。

ただしこのように、基準が差別化されるのは13歳以上のものに対する強制性交の場合です。

今回は脅迫して無理やり性的暴行をはたらいたので『準』のつかない強制性交の容疑がかけられました。

準強制性交は「準」とつくので罪が軽いように感じられますが、決してそんなことはなく、罪の重さは両者で同様に重大なのです。

スポンサーリンク

ネットの反応

今回の事件に対してネット上では、様々な意見が見られたのでご紹介します。

性犯罪は再犯も多いんだから、そろそろ更生第一ではなく、とにかく次の犯罪は許さないというスタンスの刑法にしてもいいのでは?

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

性犯罪の再犯に対する対策を講じるべきという意見が見られました。

性犯罪者は泣き寝入りしている人が多く
もしかすると複数の被害者がいるかもしれない
再犯防止に最低でもGPS装着をしてほしい

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

再犯防止の対策に関するアイデアもあがっていました。

自分の欲求の為に人に危害を加える。鬼畜の為せる業。必ず自分に返って来ると思いたい。きっちりと法の裁きをお願いします。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

罪のない女性を木津つけたことに対して、憤りの声が多数あがっていました。

また、適切な法の裁きを求める声も多く見受けられました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする