金子龍司容疑者の顔画像は?3人を巻き込む事故は体調不良が原因か

2019年3月13日に、交差点で車が歩道にいた3人をはね、すぐ近くの介護施設に突っ込んだ事件で、過失運転致死の疑いで金子龍司容疑者が現行犯逮捕されました。

ここでは金子容疑者の顔写真や今回の事件が引き起こされた原因等の調査結果をご紹介します。

スポンサーリンク

事件の概要

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

2019年3月13日午前7時半ごろ、千葉県野田市において交差点で車が歩道にいた3人をはね、すぐ近くの介護施設に突っ込んだ事件で、過失運転致死の疑いで金子龍司容疑者(42)が現行犯逮捕されました

13日午前7時半ごろ、野田市の交差点で車が歩道にいた男女3人をはね、すぐ近くにある介護施設に突っ込みました。はねられた3人は60代から70代くらいの男女で、病院に運ばれましたが、全員、死亡しました。警察は乗用車を運転していた野田市の自称・会社員、金子龍司容疑者(42)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

歩道にいた人を、3人も巻き込み死に至らせた交通事故とは、とても恐ろしいですね。

車の運転に関するとても悲しい事件がまた起こってしまいました。

スポンサーリンク

金子龍司容疑者のプロフィール

今回の事件で逮捕された金子容疑者のプロフィールをまとめてみました。

氏名 金子 龍司(かねこ りゅうじ)
年齢 42歳
職業 会社員(自称)
居住地 千葉県野田市

自称・会社員ということもあり、平日の朝急いで会社に向かっている最中に起こしてしまった事件だったのでしょうか。

金子龍司容疑者の顔画像は?

今回金子容疑者の顔画像を調査したところ、まだ公開されていないようでした。

こちらは事件の捜査が進展し、公開されるようになったら追加しておきます。

またFacebookアカウントを調べてみたところ、同姓同名が何名か存在し特定することはできませんでした

もしかしたら、金子容疑者はFacebookを利用していない可能性も考えられます。

Facebookで「金子龍司」を検索した結果

スポンサーリンク

事件の原因は?

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

今回の事件で死亡した男性の1人は児童の通学を見守る活動をされている方だったようです。

3人の高齢者が事件当時同じ場所にいたのは、もしかしたら通学児童を見守りながら談笑をしていたのかもしれません。

児童の安全を見守る活動を通して地域に貢献する中、自分自身が交通事故に巻き込まれてしまうといった今回の事故はとても悲しいことです。

また、金子容疑者は事件を引き起こした原因を、

「体調が悪くて一瞬、意識を失った」

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

と、供述しているようです。

意識を失うほど体調不良であったならば、運転前から気が付いていたのではないでしょうか。

そういった場合は運転を控えるという賢明な判断を車に乗る前に選択してほしかったところです。

スポンサーリンク

金子容疑者が運転していた車

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

今回、ニュース上に映し出された現場から判断すると、金子容疑者は三菱のデリカという車に乗っていたようです。

こちらの車はとても大きいファミリーカーサイズであるので、被害者をはねた時も、介護施設に突っ込んだ時も威力がとても大きかったと予想されます

死亡者の方々が車にはねられたところを想像するととても心が痛みます。

また、介護施設の方も被害は大きかったのではないでしょうか。

介護施設の利用者が利用困難な状況になっていなければいいのですが、少し心配ですね。

今後の一刻も早く復旧が進んでほしいところです。

スポンサーリンク

ネットの反応

今回の事件についてネット上の反応をご紹介します。

高齢者の運転ばかり話題になりますが、どんな人でも体調不良の時は運転を控えないと悲劇は無くならないですね。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

確かに高齢者の運転による事故が取り上げられている昨今、金子容疑者は42歳と若い世代ですね。

どの年齢であっても、体調不良は起こります。

その時に、運転に対してどういう判断を選択するかという姿勢が重要でしょう。

今回の事件は体調不良による運転のせいで、3人もの高齢者を死に至らせてしまったとても心の痛くなる事件でした。

運転による事件が絶えない世の中ではありますが、ドライバー1人1人が賢明に判断をする心がけを大切にしていく車社会が実現してほしいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする