岸隆史容疑者の顔画像やSNSは?埼玉八潮飲酒運転で自転車ひき逃げ、被害者のお手柄で逮捕

2019年11月30日未明、埼玉県八潮市において、飲酒により正常な運転ができない状態で車を運転し、自転車3台を轢き18歳の男性1人を怪我させたにも関わらずその場から逃げたことで、岸隆史容疑者が危険運転致傷の疑いで逮捕・送検されました。

ここでは岸容疑者の顔画像やFacebook等について調べたことをご紹介します。

スポンサーリンク

岸隆史容疑者の事件概要

引用:https://www.fnn.jp/posts

2019年11月30日未明、埼玉県八潮市において、飲酒により正常な運転ができない状態で車を運転し、自転車3台を轢き18歳の男性1人を怪我させたにも関わらずその場から逃げたことで、岸隆史容疑者(44)が危険運転致傷の疑いで逮捕・送検されました。

埼玉・八潮市で11月30日未明、自転車3台が飲酒運転の車にひき逃げされた。

運転していた男は逮捕され、危険運転致傷の疑いで送検された。

岸隆史容疑者(44)は、11月30日未明、八潮市で、酒を飲んで正常な運転が困難な状態にもかかわらず、車を運転したうえ、3台の自転車をひき逃げし、18歳の男性1人にけがをさせた疑いで送検された。

被害者の男性と一緒にいた友人らが自転車で車を追いかけて、岸容疑者の自宅を突き止め、警察に通報したという。

引用:https://www.fnn.jp/posts

今回の事件で命を落とした人がいなかったことは、本当によかったことです。

怪我をした男性の1日でも早い快復を祈っています。

スポンサーリンク

岸隆史容疑者のプロフィール

今回逮捕された岸容疑者のプロフィールをまとめてみました。

氏名 岸 隆史(きし たかふみ)
年齢 44歳
居住地 埼玉県八潮市か草加市なのではないか?

罪状 危険運転致傷

岸容疑者の居住地は報道内では触れられていませんでしたが、自転車で現場から岸容疑者の自宅まで被害者らが追いかけることができたということは、現場からそんなに遠くない同市内に居住地がある可能性が考えられます。

しかし、逮捕管轄は草加署であった印象を報道内から受けました。

引用:https://www.fnn.jp/posts

それなので、自転車でも追跡可能な距離にある、八潮市の隣の草加市が容疑者の居住地である可能性も大いに考えられます。

それなので、容疑者の居住地は八潮市か草加市なのではないかと考えました。

しかし、もちろん断定はできません。

スポンサーリンク

岸隆史容疑者の顔画像やFacebook

引用:https://www.fnn.jp/posts

今回逮捕された岸容疑者の顔画像を調査したところ、公開されていないようでした。

こちらは情報が入り次第、こちらは追加しておきます。

また、岸容疑者のFacebookアカウントを調べたところ、同姓同名のアカウントは見つからず特定することができませんでした。

岸容疑者はFacebookを利用していないのかもしれませんね。

Facebookで『岸隆史』を検索した結果

岸隆史容疑者の犯行現場

今回の事件は、埼玉県八潮市で発生しました。

スポンサーリンク

岸隆史容疑者の供述と被害規模

引用:https://www.fnn.jp/posts

今回の事件に関して、岸容疑者は、

「酒を飲んで運転したが、自転車とぶつかった覚えはありません」

引用:https://www.fnn.jp/posts

飲酒運転は認めているようですが、ひき逃げについては否認しているようです。

また、岸容疑者の呼気から検出されたアルコール濃度は、酒気帯び運転のアルコール濃度の3倍以上にあたる0.5mgだっだそうです。

その状態で運転していたのですから、想像しただけでも恐ろしいですね。

また、岸容疑者の車が自転車にぶつかって損傷していましたが、どのくらいだったのかというと、

引用:https://www.fnn.jp/posts

報道の写真を見てわかるように、左前のあたりがへこんでいる状態でミラーも折れています。

この画像から判断すると、結構がっつり自転車にぶつかったような印象を受けますね。

それで覚えてないとは、相当の飲酒量だったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

飲酒運転は「酒気帯び運転」と「酒酔い運転」の2種類

飲酒運転は「酒気帯び運転」と「酒酔い運転に分けられます。

酒気帯び運転は、呼気から0.15mg/L以上のアルコールが検出される状態で運転をしていることです。

今回の事件での0.5mgのアルコール濃度の検出がいかに多いのか、数値的に判断しやすいと思います。

一方、酒酔い運転は、言動がおかしいなど客観的に見て酔っぱらっている状態で運転していることです。

呼気のアルコール濃度は、各人のアルコール耐性や体質に関係なく検出される値で、酒酔い状態は個人の体質などで症状の度合いが異なってきます

スポンサーリンク

ネットの反応

今回の事件に対して、ネット上では様々な意見が見られたので紹介します。

これだけ罰則厳しくなっているのになくならないね
土地柄もあるんだろうか…田舎だと足がないので飲んでも車で帰っちゃうとか…
家族に向かえに来てもらうとかタクシーや代行サービス使いましょうよ

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

本当に厳重な罰になっている中で、飲酒運転がなくならない現実でありますね。

何にぶつかったのかわからないくらいベロベロになっていたんだろう
覚えていようがいまいが罪は変わらないよ

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

そんなになるまで飲んだのに、車に乗って帰ろうと思えるのがとても怖いと感じますね。

覚えていませんと言えば罪が軽くなるのか?最近流行ってるから。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

定番の言い訳ですね… 流行ってるんですか?その無理過ぎる言い訳

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

覚えていないという供述に対して、厳しい意見が多数見られました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする