【連続放火?】松戸市不審火の犯人は一体誰?今月9件発生・千葉県

2019年12月4日から21日にかけて、千葉県松戸市JR松戸駅周辺において、不審火が少なくとも9件以上起きているようで、警察は現在連続放火の方向で捜査しているようです。

ここでは、事件の概要等について、ご紹介します。

スポンサーリンク

松戸市連続不審火の事件概要

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

2019年12月4日から21日にかけて、千葉県松戸市JR松戸駅周辺において、不審火が少なくとも9件以上起きているようで、警察は現在連続放火の方向で捜査しているようです。

 千葉県松戸市では自転車やごみ箱が燃える不審火が4日から21日朝にかけてJR松戸駅の周辺で8件起きました。これらは半径約2キロの範囲に集中しています。警察が連続放火の可能性もあるとみて捜査を進めていたさなか、21日午前に9件目の不審火が起きていたことが分かりました。

警察によりますと、午前6時ごろ、松戸市の住宅の前で止めてあったバイクとキャンプ用品が燃えました。住民と近所の人たちが火を消し、けが人はいませんでした。

松戸市では4日以降、マンションの通路に置かれた椅子などが燃える不審火が少なくとも9件発生しています。いずれも深夜から早朝にかけて起きていて、警察は同一犯による連続放火の可能性もあるとみて捜査を進めています。

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

放火が原因である可能性が高そうですね。

そうだとしたら、犯人が誰かわからない上に今でも松戸市で次の放火場所を探しているかもしれないと想像するだけで恐ろしくなります。

スポンサーリンク

松戸市連続不審火の被害住民の声

2019年12月21日の午前には、2件の不審火が発生していました。

1件目の被害住人の住宅では、キャンプ用品バイクが燃えていたようです。

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

被害住人の話によると、

「朝、寝ている時に近所の人が火事だと。まさか、うちじゃないよなと思って。(近くで)火事が起きているとは聞いていたが、うちに来るとは思わなかったのでびっくりして怖いです」

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

と、いう状況だったようです。

そうですよね。

まさかうちに来るとは…と思ってしまいますよね。

また、驚くことに、その20分後に250m離れた住宅でも、不審火がありました。

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

駐車場で、落ち葉を集めた紙袋木製の棚が燃えていたようです。

こちらの被害住人は

「普段、火の気なんてない所なので、自分の家で不始末をしたのかとびっくりした」

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

まさか自分のところで火があがるなんて思いませんから、自分の不始末なのでは…と心配のなってしまいますよね。

今回の事件で、この地域の住人の方々たちは恐怖と心配に包まれているのではないでしょうか。

本当に放火だとするならば、次の被害がある前に犯人が逮捕されて欲しいです。

スポンサーリンク

松戸市連続不審火の事件現場

今回の事件は、JR松戸駅周辺で発生しています。

駅から半径2kmの範囲に集中していると報道されてしました。

もし放火だとしたら、犯人もこの付近に住んでいる人なのでしょうか。

スポンサーリンク

放火をする人の心理

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

今回の事件が放火犯によるものかは定かではありませんが、放火に手を染める人の心理を調べてみました。

  • 人に対する恨みや復讐
  • 社会などの権威への反発
  • 人や社会からの承認欲求
  • 放火に快楽を見出す愉快犯
  • 何かの事件についての証拠隠滅
  • 個人の願望のままに放火してしまう利得目的
  • 誰かに対する脅しとしての放火

などがあるようです。

今回のケースは、もし放火ならば、権威への反発や承認欲求、愉快犯である可能性があるような印象を受けました。

スポンサーリンク

ネットの反応

今回の事件に対して、ネット上では様々な反応が見られたのでご紹介します。

放火は洒落にならない。昔室内で、ライターの火に屁を浴びせる実験をやってたら、障子に引火してボヤ騒ぎになったことがある。直ぐに鎮火できたから良かったけど、火の怖さを痛感した。今でも焦げ跡がくっきりと残っている。トラウマ。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

火の怖さを実感した方のエピソードがあげられていました。

火は本当に恐ろしいものだと思います。

ハーレーが・・・

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

大切なものが燃やされてしまうというのは本当に悲しいことです。

ましてや、もしも大きな火が上がっていて、誰かの命を奪っていたら…と考えると恐ろしくなります。

連続放火魔は社会に対するムシャクシャでやる奴ばかり。
防犯カメラを解析していけば犯人像が掴めてくるさ。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

権威への反発ということでしょう。

今回の事件放火だった場合、早く犯人が捕まり、市民の方々の安心が一刻でも早く訪れることを願っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする