宮本道雄容疑者の顔画像は?88歳の安武幸雄さんを轢き逃げか

2019年5月10日の午後8時ごろ、栃木県矢板市の県道において、88歳の安武幸雄さんを轢き逃げしたとして、過失運転致死の疑いで宮本道雄容疑者が逮捕されました。

ここでは、宮本容疑者の顔画像やSNS等について調査した結果をご報告します。

スポンサーリンク

宮本容疑者の起こした事件の概要

引用:http://www.news24.jp

2019年5月10日の午後8時ごろ、栃木県矢板市の県道において、88歳の安武幸雄さんを轢き逃げしたとして、過失運転致死の疑いで宮本道雄容疑者(78)が逮捕されました。

10日夜、栃木県矢板市の県道で、88歳の男性を車ではねて死亡させた上、そのまま逃走したとして、78歳の男が逮捕された。

過失運転致死などの疑いで逮捕されたのは、矢板市の無職・宮本道雄容疑者。

警察によると、宮本容疑者は10日午後8時頃、矢板市の県道で近くに住む安武幸雄さんを車ではねて死亡させた上、そのまま逃走した疑いがもたれている。現場に落ちていた車の部品から宮本容疑者が浮上したという。

引用:http://www.news24.jp

最近、高齢者による轢き逃げや交通事故のニュースが頻繁に報道されているように感じられます。

これだけたくさんの事故が日々起こっている中で、効果的な事故対策は間に合わないのでしょうか。

今回は高齢者が高齢者を轢いてしまった事故とあり、注目を集めているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

宮本容疑者のプロフィール

今回逮捕された宮本容疑者のプロフィールをまとめてみました。

氏名 宮本 道雄(みやもと みちお)
年齢 78歳
職業 無職
居住地 栃木県矢板市
罪状 過失運転致死

居住地域内での事故になってしまったようですね。

夜、買い物などに出ていた帰りだったのでしょうか。

スポンサーリンク

宮本容疑者の顔画像

引用:http://www.news24.jp

今回逮捕された宮本容疑者の顔画像を調査したところ、まだ公開されていないようでした。

こちらは公開され次第、追加しておきます。

また、今回逮捕された宮本容疑者のFacebookアカウントを調査したところ、同姓同名のアカウントが複数存在し、特定することができませんでした

Facebookで『宮本道雄』を検索した結果

スポンサーリンク

宮本容疑者の犯行現場

今回の犯行現場は、栃木県の矢板市にある県道でした。

居住地内での事故ということもあり、何かの帰り道での犯行だったのでしょうか。

車の部品を落としていたことや同地域に住んでいたことが、迅速な特定に繋がったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

宮本容疑者の犯行動機

引用:http://www.news24.jp

今回の事件に関して、宮本容疑者は

「事故を起こした認識はない」

引用:http://www.news24.jp

と、供述し容疑を否認しています。

しかし警察は、道路を横断中の安武さんを宮本容疑者が轢いたと見当をつけているようです。

今回の事故が起こってしまった要因・宮本容疑者の犯行動機は

・急いで車を運転していた

・年齢的に注意力等において運転困難であった

・自暴自棄になっていて実際は故意に犯行に及んでいた

などが考えられます。

夜で周囲が見えづらかったこともあり、故意に事故を起こした可能性は低そうですが、容疑を否認していることが気になりますね。

部品が落っこちるほどの衝撃があったにもかかわらず、本当に轢いてしまった感覚がなかったのでしょうか。

引用:http://www.news24.jp

また、今回の事件現場は報道の映像を見る限り、信号機や横断歩道が少なそうに感じられます。

特に視界が悪くなる夜間は、事故が起こりやすい環境だったとも捉えられそうですね。

スポンサーリンク

高齢者の免許返納について

平成10年に導入された免許の自主返納制度。

制度導入年の平成10年の返納者は2596人と少なかったのですが、約20年後の平成29年には約150倍の423800人の方が免許を返納したそうです。

免許の返納を決めた理由は、家族の説得がもっとも多く、運転に自信がなくなったという理由が2番目に多いようです。

75〜79歳で免許を返納する人の割合が最も多いそうですが、65歳から高齢者と定義され、70歳からは高齢運転者と定義されるので、加齢に伴う免許の返納は70歳前後が適齢かもしれませんね。

もちろん身体的・環境的に個人差があるので、運転中に違和感を覚えてきたらまずは家族と相談するのが得策かもしれません。

また65歳以上で免許を返納すると、特典が受けられることもあるようなので、その辺りもしっかり調べてみると決断がしやすくなると思います。

スポンサーリンク

ネットの反応

今回の事件に対して、ネット上では様々な意見がみられたのでご紹介します。

人を死なせて、事故を起こした感覚のない人がそもそも運転してはいけない。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

今回の事件での宮本容疑者の態度について、厳しい意見が多くみられました。

最近絶えない交通事故のニュースに、厳しい意見を持っている方々が多いということが感じられました。

老人という立場をフル活用した責任逃れとしかとらえられない

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

宮本容疑者の供述が、加齢に伴う認識能力の低下を装っていると捉えられても仕方がないような印象を受けます。

豊島区や大津での事故が大きく取り上げられて、世間が悲しみに包まれているなか、責任逃れはしないでほしいと願う国民がたくさんいるのではないでしょうか。

今回の事件、警察の慎重な捜査がのぞまれているでしょう。

今回の事件は、栃木県矢板市で起こった容疑者も被害者も高齢者という交通事故でした。

自動車による、死亡事故が多く報道される昨今、事故防止の決定的な策を求めている方が多い世の中になっているでしょう。

防犯対策の一環として、身近な高齢者と免許返納について話し合ってみることが、誰にでもできる事故防止の第一歩なのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする