長沼宏和容疑者の顔画像は?80代男性に詐欺…その手口は

2018年9月に発生した詐欺の容疑で、詐欺グループの指示役であったとみられる長沼宏和容疑者が2019年3月25日に逮捕されました。

ここでは長沼容疑者の顔画像や詐欺の手口等についてご紹介します。

スポンサーリンク

事件の概要

引用:http://www.news24.jp

2018年9月に大阪府の80代男性から現金2500万円をだまし取った疑いで、2019年3月25日に詐欺グループの指示役であったとみられる長沼宏和容疑者(31)が詐欺の疑いで逮捕されました

去年9月、大阪府の80代の男性から現金2500万円をだまし取ったとして、詐欺グループの指示役とみられる男が逮捕された。

詐欺の疑いで逮捕されたのは、住所不定・無職の長沼宏和容疑者。

引用:http://www.news24.jp

高齢者を騙してお金を搾取するとは、悪質な行為ですね。

高齢者と離れて暮らす家族もこういった事件のせいでなかなか安心できない世の中でしょう。

スポンサーリンク

長沼宏和容疑者のプロフィール

今回詐欺の疑いで逮捕された長沼容疑者のプロフィールをまとめてみました。

氏名 長沼 宏和(ながぬま ひろかず)
年齢 31歳
職業 無職
居住地 不定

住所不定や定職についていないことは詐欺をはたらくために様々な土地を渡り歩くのに便利だったのでしょうか。

長沼容疑者の顔画像

今回長沼容疑者の顔画像を調査したところ、ネットのニュースで公開されていました

引用:http://www.news24.jp

目つきが鋭く体格も良いので、強そうな印象を受けます。

また、長沼容疑者のFacebookアカウントを調査したところ、同姓同名が複数見つかったため特定できませんでした

『長沼宏和』をFacebookで検索した結果

スポンサーリンク

気になる詐欺の手口は?

警察によると、長沼容疑者は去年9月、仲間と共謀して大阪府の80代の男性に長男を装って電話をかけ、「会社のお金を使い込んだことがバレてしまった」などとウソを言い、3回にわたり計2500万円をだまし取った疑いが持たれている。

引用:http://www.news24.jp

長沼容疑者は詐欺グループの指示役だっただったため、実行犯は別にいました

実行犯の4人はすでに起訴されているようです。

実行犯と長沼容疑者の逮捕にタイムラグがあるのは、実行犯が取り調べを受けていく過程で長沼容疑者の存在をついに白状したということなのでしょうか。

この詐欺グループは今回の事件だけでなく、詐欺行為を複数回繰り返していた模様です

他の犯行も長沼容疑者が指示役で、高齢者をターゲットに選んでいたのでしょうか。

これから、長沼容疑者が警察に語っていく真相が気になるところです。

スポンサーリンク

ネットでの反応

今回の事件に対してネット上での反応がありましたので、紹介します。

年寄りのなけなしの金2500万を奪って指示役はどれくらいの刑になるんやろね?
刑が軽すぎるから毎日のように同じ様な事件がおきてるんだと思う。
中には捕まってないやつもいるんだから捕まったら懲役20年くらいにしたらリスク高すぎてよほどのことがないとしないと思うんだけどな。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

重刑にすることによって、絶えない同様の事件が減少するだろうといった考えがありました。

それも詐欺撲滅の対策の1つでしょう。

これからもこの手の詐欺は続くのだから、撲滅する為にも暖かい温情ではなく裁判長!にっこり全員死刑判決か無期懲役でお願いします!

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

やはりこちらも絶えない詐欺事件に対して、撲滅させるために極刑をのぞむ意見でした。

今回の場合は、長沼容疑者が実行犯でなく指示役だったということがポイントでしょう

これから裁判にすすんでいったとき、どのような判決がくだるのか注意しておきたいところです。

現在の日本では、詐欺事件が絶えない世の中です。

今回の事件のように、高齢者がターゲットにされることが多数を占めます。

最近では高齢者が独居している世帯も少なくありません。

高齢者もその子世代や孫世代も安心して暮らせるように、詐欺撲滅に向けて対策がすすんでいくことを願っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする