中埜良容疑者と井手武俊容疑者の顔画像は?

2019年4月10日に、恐喝未遂の疑いで中埜良容疑者と井手武俊容疑者が逮捕されました。

ここでは、二人の容疑者の顔画像やSNS等について調査した結果をご報告します。

スポンサーリンク

事件概要

引用:https://news.tbs.co.jp

2019年4月10日に、2019年1月に犯した恐喝未遂の疑いで中埜良容疑者(43)と井出武俊容疑者(49)が逮捕されました。

今年1月、東京・渋谷区で37歳の女性から現金を脅し取ろうとしたとして、準暴力団「チャイニーズドラゴン」関係者の中埜良容疑者(43)と住吉会系暴力団組員の井手武俊容疑者(49)が逮捕されました。

2人は知人との間で金銭トラブルを抱えていた女性の相談に乗っていましたが、女性に「10万ないし100万払うのは当然だろう」などと言いがかりをつけ、現金を脅し取ろうとしたということです。

引用:https://news.tbs.co.jp

今回は暴力団が絡んでいる事件ということもあり、怖いなという印象を受けた方も多いのではないでしょうか。

東京都渋谷区という身近に感じている方も多い地域でこういった事件が起こると、なんだか不安になりますね。

スポンサーリンク

中埜容疑者と井手容疑者のプロフィール

今回逮捕された二人の容疑者のプロフィールをまとめてみました。

中埜 良(なかの りょう) 氏名 井手 武俊(いで たけとし)
43歳 年齢 49歳
準暴力団チャイニーズドラゴン関係者 職業 住吉会系暴力団組員
2019/04/10 10:30頃 渋谷署 逮捕状況 2019/04/10 15:00頃 東京駅
恐喝未遂 罪状 恐喝未遂

今回は二人の容疑者ともに暴力団関係者で、世間の注目も集まっているのではないでしょうか。

また逮捕状況で、二人の逮捕時刻におよそ4時間の差があることも少し気になります。

先に逮捕された中埜容疑者の供述で井手容疑者も芋づる式に犯行が明るみに出たのかもしれませんね。

スポンサーリンク

中埜容疑者と井手容疑者の顔画像

今回逮捕された容疑者二人の顔画像を調査したところ、ネットのニュースで公開されていました

中埜容疑者に関しては、乗車中の映像で、カメラのフラッシュとの関係もあり見えにくく認識しづらかったです。

引用:https://news.tbs.co.jp

一方、井手容疑者に関しては、はっきり顔を認識できるようでした。

引用:https://news.tbs.co.jp

また、今回逮捕された容疑者二人のFacebookアカウントを調査したところ、両者ともに同姓同名のものが存在せず、特定できませんでした

二人ともFacebookを利用していないのかもしれませんね。

Facebookで『中埜良』を検索した結果

Facebookで『井手武俊』を検索した結果

事件現場

今回事件が発生した東京都渋谷区の地図です。

とても有名な地域なので、聞いたことがあったり行ったことのある方も多いのではないでしょうか。

老若男女が集まるこの地域で今回のような事件が発生してしまったのでとても怖いですね。

スポンサーリンク

犯行の動機

引用:https://news.tbs.co.jp

今回の事件の動機について容疑者がどのように語っているのかはまだ分かりませんでした。

しかし、今回の事件に関して、井手容疑者は

「金の話はしていない」

引用:https://news.tbs.co.jp

と、供述しており、容疑を否認しているようです。

また、中埜容疑者については不明です。

今回の事件について考えられる動機は、やはりお金が欲しかったという線が強いのではないのでしょうか

スポンサーリンク

チャイニーズドラゴンと住吉会系暴力団について

今回逮捕された中埜容疑者が関係者であったチャイニーズドラゴンとは、1988年に結成された中国残留孤児の2、3世を中心とした、江東区・港区・江戸川区を拠点とする中国系暴走族の怒羅権(どらごん)のOBからなる準暴力団です。

そして、井手容疑者が組合員として所属していた住吉会は、総本部が東京都港区赤坂に位置する賭博系の指定暴力団です。

総本部の位置は地図上でも確認できました。

スポンサーリンク

ネットの反応

今回の事件に関してネットでは様々な反応が見られたので、ご紹介いたします。

ちゃんと解決しないで相談者から金を脅し取ろうとするから誰も暴力団には相談しなくなる。昔はちゃんと解決してくれて信用されていたが、今はダメだな。だからますます金が儲からなくなる。仁義はもう過去のものになってしまったのか?

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

現在の暴力団の体制に対する悪循環の指摘でした。

昔は利用者の相談に向き合い解決をしていて信用もあったようですが、現在はその形が崩れていると感じている方もいるようですね。

暴力団は極悪というメディアやドラマや漫画等の描写も、現在の暴力団の風潮が関係しているのでしょうか。

暴対法で暴力団を締め付けすぎ。
準暴力団とか半グレ集団が法の抜け穴になって凶悪化してる。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

暴力団に対する法律は厳しいが、準暴力団や半グレ集団にとっては法の抜け穴と化して、それらが凶悪化してしまっているという意見でした。

団体がどうこうというわけでなく、犯罪に対して、また犯罪を起こしそうな集団に対してしっかりと対策をうっていってもらいたいところです。

今回の事件は、多くの人が利用する渋谷区での事件でした。

利用者が多い分感じる恐怖や不安は大きかったのではないでしょうか。

法律で厳しくされている、暴力団だけでなく、現在凶悪化している準暴力団や半グレ集団等の勢力に対する対策もしっかり強化していってほしいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする