大沢直樹容疑者の顔画像は?男子高校生に対する児童買春の疑い

2019年2月に、当時高校1年生だった神奈川県内の男子高校生に対して児童買春をした疑いで、都内の中高一貫校の教員である大沢直樹容疑者が逮捕されました。

ここでは、大沢容疑者の顔画像やSNS等について調査した結果をご紹介します。

スポンサーリンク

大沢容疑者が起こした事件概要

引用:https://www.fnn.jp

2019年2月に当時高校1年生だった神奈川県内の男子高校生に対して児童買春をした疑いで、都内の中高一貫校の教員である大沢直樹容疑者(28)が逮捕されました。

都内の中高一貫校の教師の男が、16歳の男子高校生にお金を渡す約束をして、わいせつな行為をした疑いで逮捕された。

児童買春の疑いで逮捕された都内の中高一貫校教師・大沢直樹容疑者(28)は、2019年2月、都内のレンタルルームで、神奈川県内の当時高校1年の男子生徒に1万円を渡す約束をして、わいせつな行為をした疑いが持たれている。

男子生徒がSNSに書き込んだ援助交際を求めた内容を、警察がサイバーパトロールで見つけ、事件が発覚したという。

引用:https://www.fnn.jp

今回の事件は男性教員の、男子生徒に対する児童買春の容疑ということで、世間の注目も集まっているのではないでしょうか。

今回の事件の経緯に関して、被害者の男子生徒もインターネット上で誘惑する内容を書き込んでいたのでその行為にも問題があるように思われますが、大沢容疑者は教員という児童を育成する立場であるということもあり、法律違反の行為にグッと理性のブレーキをかけてほしかったところでしたね。

スポンサーリンク

大沢容疑者のプロフィール

今回逮捕された大沢容疑者のプロフィールをまとめてみました。

氏名 大沢 直樹(おおさわ なおき)
年齢 28歳
職業 教員
勤務先 都内の中高一貫校
罪状 児童買春

都内の中高一貫校に勤める、まだ若手の教員が児童買春の罪に問われているという今回の事件は、都内の学校に通う学生や保護者にとって、ショッキングな事件だったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

大沢容疑者の顔画像

今回逮捕された大沢容疑者の顔画像を調査したところ、ネットのニュースで公開されていました

引用:https://www.fnn.jp

また、大沢容疑者のFacebookアカウントを調査したところ、同姓同名のアカウントが複数存在し、特定することはできませんでした

Facebookで『大沢直樹』を検索した結果

スポンサーリンク

大沢容疑者の事件現場

今回の事件は、都内のレンタルルームで引き起こされた事件でした。

東京都内にはたくさんのレンタルルームが存在しているようです。

それなので、特に都民の方の中には、今回の事件が身近に感じられて怖いと思った方も多かったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

大沢容疑者の犯行動機

引用:https://www.fnn.jp

今回の事件に対して、大沢容疑者は

「欲求からしてしまった」

引用:https://www.fnn.jp

と供述し、容疑を認めているようです。

たとえ欲求があったとしても、理性をしっかり持ってグッとこらえてほしかったところです。

大沢容疑者は普段から、援助交際を求める学生が書き込むSNS等をチェックしていたのでしょうか。

もし普段から行っていた場合、余罪もある可能性が出てくるので慎重な捜査がのぞまれますね。

スポンサーリンク

サイバーパトロールとは

今回の事件発覚に一役かった「サイバーパトロール」とは一体何であるのでしょうか。

現在は情報通信ネットワークが非常に発達している時代で、そのネットワークが社会経済の基盤を支えるインフラになっています。

しかし一方では、そのネットワークを利用したサイバー犯罪が増加の一途をたどっているということが社会問題にもなっています。

そこで都道府県警察では、サイバーパトロールという、Webサイトや電子掲示板上の違法・有害な情報の有無を調べる捜査を実施しています。

それらを発見した場合は、警察が、違法行為の検挙、プロバイダ等に対する情報の削除要請といった措置を講じ、違法・有害情報の氾濫の防止に取り組んでいるようです。

スポンサーリンク

ネットの反応

今回の事件に対してネット上では様々な意見が見られましたので、ご紹介します。

買う方も悪いが買われる方も悪い。
どちらも悪い。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

容疑者の行為にはもちろん問題があるが、被害者の男子学生にも問題があるという意見がたくさん見られました。

児童買春に関しては、被害者になる学生も分別のつく歳であることが多いので、双方がこのような犯罪に巻き込まれない・引き起こさないという姿勢を持っていくことが大事ですね。

同性同士も油断できん

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

こういった事件は、容疑者と被害者の組み合わせが男女になる報道が多く見られましたが、今回は男性同士でした。

現在、電車では女性専用車両を設けたり、賃貸アパートでは男女でフロアを分けるところもあります。

それは痴漢等の犯罪の防止のためですが、今回の事件のように同性同士のわいせつ行為となると防犯対策の仕方にも工夫が必要となってきますね。

今回の事件は、学生を育成する男性教員が起こした、男子生徒に対する児童買春でした。

今回の事件で、児童買春や同性への犯罪に対する防犯対策の強化が必要でありそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする