坂本秀仁容疑者の顔画像特定!可愛いと思った女性にPTSDを負わせた理由に驚愕

2019年3月に世田谷区の路上において、女性にPTSDを負わせるわいせつ行為をして、2019年6月28日に坂本秀仁容疑者が強制わいせつ致傷の疑いで逮捕されました。

ここでは、坂本容疑者の顔画像やSNS等について調査した結果をご報告します。

スポンサーリンク

坂本容疑者の事件概要

引用:http://www.news24.jp

2019年3月に、世田谷区の路上において、女性にPTSDを負わせるわいせつ行為をして、2019年6月28日に坂本秀仁容疑者(23)が強制わいせつ致傷の疑いで逮捕されました。

20代の女性にわいせつな行為をして、PTSD(=心的外傷後ストレス障害)を負わせたとして無職の男が逮捕された。

強制わいせつ致傷の疑いで逮捕されたのは、無職の坂本秀仁容疑者。警視庁によると、坂本容疑者は今年3月、東京・世田谷区の路上で20代の女性の下半身を触るなどのわいせつな行為をしてPTSD(=心的外傷後ストレス障害)を負わせた疑いが持たれている。女性は現在も通院中。

坂本容疑者は電車で見かけた女性の後をつけてコンビニに入り、スカートの中を盗撮した後、再び女性を尾行して犯行に及んだとみられている。

引用:http://www.news24.jp

被害者の女性の方は特に怖いと感じた事件だったのではないでしょうか。

尾行されて、盗撮された上にわいせつ行為までされたら、恐ろしすぎてたまったもんじゃありません。

被害者の女性がとても心配です。

心の傷がとても深かったようでいまだ入院中とのこと、1日でも早く退院できることを祈っています。

スポンサーリンク

坂本容疑者のプロフィール

今回逮捕された坂本容疑者のプロフィールをまとめてみました。

氏名 坂本 秀仁(さかもと ひでひと)
年齢 23歳
職業 無職
犯行過程 電車で被害者を見かける→尾行→コンビニで盗撮→路上でわいせつ行為→被害者女性PTSDを負う
罪状 強制わいせつ致傷

今回の犯行の過程を整理してみると、やはり女性にとってはかなりのトラウマになる出来事です。

突発的な犯行だったようですが、グッと踏みとどまることはできなかったのでしょうか。

スポンサーリンク

坂本容疑者の顔画像

今回逮捕された坂本容疑者の顔画像を調査したところ、ネットのニュースで公開されていました

引用:http://www.news24.jp

マスクで顔の半分が隠れていますが、なんとなくの雰囲気と人相は伝わってきますね。

また坂本容疑者のFacebookアカウントを調べたところ、同姓同名のアカウントが複数存在し、特定することができませんでした

Facebookで『坂本秀仁』を検索した結果

スポンサーリンク

坂本容疑者の犯行現場

今回の事件現場は、東京都世田谷区の路上ということでした。

坂本容疑者が盗撮をしたコンビニも世田谷区だった可能性が高いのではないでしょうか。

住宅街が多い印象のある世田谷区。

時間帯によっては人通りが少ない路地も多いのではないでしょうか。

今回の事件、誰か一人でも近くを通りかかったならばと悔やまれます。

スポンサーリンク

坂本容疑者の犯行動機

引用:http://www.news24.jp

今回の事件に関して、坂本容疑者は

「女性がかわいかったので盗撮をしたくなり、その最中に触りたくなった」

引用:http://www.news24.jp

と供述し、容疑を認めています

かわいいと思ったならば、盗撮やわいせつ行為といった傷つける行為でなく、単純に声をかけてみるでもよかったのではないでしょうか。

確かにナンパしたら引いてしまう女性も多くいますが、犯罪行為よりはずっと価値のある行為です。

見た目が好みという理由で犯罪が起こってしまったら、世の中の女性たちは怖くて出歩けなくなってしまいます。

今回の事件を機に、女性も犯罪に巻き込まれないように今一度、帰路での自分の身の守り方を確認したいところですね。

また、今回の事件では被害者の女性が本当に心配です。

1日でも早く快復されることを、心の底から願っています。

スポンサーリンク

PTSDとは?

引用:http://www.news24.jp

今回の事件によって引き起こされてしまったPTSDについてご紹介します。

PTSDとはPost Traumatic Stress Disorderの略称で心的外傷後ストレス障害といいます。

PTSDとは、強烈なショック体験、強い精神的ストレスが、こころのダメージ(トラウマ)となって、時間が経っても、その経験に対して強い恐怖を感じる症状です。

自然災害や、火事や事故、犯罪被害などが原因になるようです。

命の危険を感じたり、自分ではどうしようもない圧倒的な強い力に支配されるような、強い恐怖感を覚える経験をした人に起きやすい症状と言えるでしょう。

同じ怖い経験をしたからと言って、全員がPTSDになるとは限りません。

また、決して心の弱い人がかかりやすいというわけでもないので、言い換えれば、誰にでもPTSDになる可能性はあると考えられます

どんな人がPTSDになりやすいかなどは、解明されていないようです。

突然辛い記憶が蘇ったり、常に神経が張りつめられているのはもしかするとPTSDの症状かもしれないので、注意が必要です。

スポンサーリンク

ネットの反応

今回の事件に対して、ネット上でコメントが見られたのでご紹介します。

いつも思うが、盗撮して写した写真見て、楽しいんか?まぁ中にはスリルを味わうことで、興奮する変態もおるだろうが。男として盗撮や痴漢何かで、人生棒にふるの何よりも一番情けないと思う。盗撮1秒怪我一生やな。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

盗撮や痴漢をすると人生棒に振ってしまうというのはよく聞く話ですよね。

電車での盗撮や痴漢行為はその時一回一回、一瞬一瞬の我慢をすれば犯罪に手を染めずに済む話です。

公共の場、他人への行為、しっかり理性的に生活していきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする