鮫島勝利容疑者の顔画像は?猫を暴行し連れ去る…言動の矛盾か

2019年3月16日に三重県鈴鹿市で保護されていた猫を暴行し連れ去った疑いで、鮫島勝利容疑者が逮捕されました。

ここでは鮫島容疑者の顔画像やSNS等について調べたことをご紹介します。

スポンサーリンク

事件の概要

引用:https://www.fnn.jp

2019年3月16日に三重県鈴鹿市で保護されていた猫を暴行し連れ去った容疑で、鮫島勝利容疑者(54)が逮捕されました。

三重・鈴鹿市でボランティアに世話をされていた猫1匹を連れ去ったとして、54歳の男が窃盗容疑で逮捕された。

防犯カメラには、男が猫を虐待する様子が映っていた。

逮捕された三重・桑名市の無職、鮫島勝利容疑者(54)は、3月16日、鈴鹿市内の小屋から、ボランティアの女性に世話をされていた猫1匹を連れ去った窃盗の疑いが持たれている。

引用:https://www.fnn.jp

動物を虐待するという、恐ろしい事件です。

防犯カメラに映った映像もネットのニュースに公開されていて、見ていてとても残酷でショッキングな内容でありました。

スポンサーリンク

鮫島容疑者のプロフィール

今回逮捕された鮫島容疑者のプロフィールをまとめてみました。

氏名 鮫島 勝利(さめしま かつとし)
年齢 54歳
職業 無職
居住地 三重県桑名市
罪状 窃盗

居住地が桑名市であるのに犯行現場が鈴鹿市であって、市をまたいでの犯行だったようですね。

猫を保護する女性のボランティア活動が有名だったのでしょうか。

スポンサーリンク

鮫島容疑者の顔画像

今回逮捕された鮫島容疑者の顔画像を調査したところ、防犯カメラがとらえた粗い画像ではありますが、ネットのニュースで公開されていました

引用:https://www.fnn.jp

帽子はかぶっているものの特に変装している様子もなく、猫の小屋に監視カメラが設置されているとは思っていなかったようですね。

また鮫島容疑者のFacebookアカウントを調査したところ、同姓同名はいましたがそれが本人かどうかの有益な情報がなく、特定することはできませんでした

Facebookで『鮫島勝利』を検索した結果

スポンサーリンク

事件現場

今回事件が発生した三重県の鈴鹿市の地図です。

サーキットなどで有名なので知名度の高い地域でしょう。

地図で確認すると、鮫島容疑者の住む桑名市と事件現場の鈴鹿市では、間に四日市市もはさんでおりなかなかに距離があるように思えます。

わざわざ遠くまで出向いて犯行におよぶほどの動機は何だったのでしょうか。

気になるところです。

スポンサーリンク

逮捕にいたったのはなぜ?

引用:https://www.fnn.jp

ボランティア女性が設置した監視カメラに鮫島容疑者の姿がとらえられ、映像を報道後、

「よく似た男がいる」

引用:https://mainichi.jp

と、通報を受け、犯人特定・逮捕にいたりました。

また被害女性は、動物保護に取り組むNPO法人「グリーンNet」にも相談をしていて、この法人がSNS上で情報提供も呼びかけていたようです。

各人が持つ情報が逮捕の決め手になったのではないでしょうか。

改めて世間の目の鋭さを実感させられますね。

スポンサーリンク

鮫島容疑者の言動の矛盾

今回逮捕された鮫島容疑者について、言動に矛盾があると感じられます

鮫島容疑者の犯行の動機は、

「猫を飼いたかったが金がなかった」

引用:https://mainichi.jp

と、語っています。

さらに犯行後の行動については、

「懐かないので捨てた」

引用:https://mainichi.jp

と供述しています。

猫を飼いたいと思い、さらには懐いてほしかったように思われる供述をしていて猫好きの印象を受けます。

しかし、鮫島容疑者の小屋での犯行に焦点をあててみると、猫に暴行を与えていて、愛猫の気持ちの欠片も感じられません。

この言動の矛盾について今後鮫島容疑者はどう語っていくのでしょうか。

気になるところですね。

スポンサーリンク

ネットでの反応

今回の事件に関してネット上で様々な意見が見られましたので、ご紹介します。

猫を飼いたい人のすることでは決してない。
この人の話は信用できない。
猫ちゃんがどこかで無事でいることを祈ります!

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

やはりネット上でも、鮫島容疑者の言動の矛盾が気になる方がいるようです。

はなされた猫が無事であることを祈るばかりです。

虐待するために連れ去った可能性がある。
ちゃんと捜査して欲しい。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

飼いたかったからではなく虐待のためではないのかという意見も見られました。

ネット上では他にも、連れ去られた猫の安否を心配する声が多数あがっています。

こればかりは無事を祈ることしかできず、心苦しいところです。

しっかり事件の真相をつきとめることと同時に、被害を受けた猫の行方も判明してほしいと願う方が多いのではないでしょうか。

今回の事件は、動物虐待という何とも心が痛くなる事件でした。

鮫島容疑者の言動の矛盾や被害を受けた猫の安否等気になることが残されている事件だけに今後も目が離せません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする