【高齢ドライバー事故】栃木佐野現場特定!5歳女児怪我、87歳女性薬局に車で突っ込む

2019年11月30日の11時半ごろ、佐野市田沼町において、87歳の女性が運転する車が薬局に突っ込み、店内にいた5歳の女児に飛び散った破片が顔に当たるなどの怪我を負わせました。

ここでは今回の事件の概要や事件現場等について調べたことをご紹介します。

スポンサーリンク

佐野市高齢ドライバー事故の概要

引用:https://www.fnn.jp

2019年11月30日の11時半ごろ、佐野市田沼町において、87歳の女性が運転する車が薬局に突っ込み、店内にいた5歳の女児に飛び散った破片が顔に当たるなどの怪我を負わせました

警察によりますと、30日午前11時半過ぎ、佐野市田沼町のスーパーの駐車場から出てきた乗用車が、道路の反対側にある薬局に正面から突っ込みました。
乗用車は薬局の出入り口を突き破って停車し、当時店内にいた数人のうち5歳の女の子が、飛び散った破片が顔に当たるなどの軽いけがをして病院で手当を受けたということです。
警察によりますと、乗用車を運転していたのは市内に住む87歳の女性で、スーパーの駐車場から出て左折しようとしたところ、直進して向かい側の薬局に突っ込んだとみられるということです。
警察は女性から任意で事情を聴くなどして事故の原因を調べています。

引用:https://www3.nhk.or.jp

今回の事件は本当に恐ろしい事件でしたね。

高齢ドライバーによる事件が増加傾向にあるように思われる昨今です。

免許の返納時期は、適切な時期を本人や周りが見極めていく等の対策が重要なのではないでしょうか。

今回負傷した5歳の少女が命を落とすなどの重大な怪我ではなくてよかったです。

しかし、顔に飛び散った破片が当たっているということなので、顔に傷が残らないかがとても心配です。

早く怪我が快復することを願っています。

スポンサーリンク

佐野市高齢ドライバー事故の事故現場

今回の事故の現場は、栃木県佐野市田沼町でした。

引用:https://www.fnn.jp

報道から確認されるように、事故現場の薬局は『亀田調剤薬局』というようですね。

Googleマップで田沼町の『亀田調剤薬局』を調べて見たところ、1つヒットしました。

それが、ここです。

さらに、ストリートビューを確認してみましょう。

ストリートビューでは『亀田調剤薬局』を正面から確認することができませんでしたが、横から見ても、報道と同じ丸い緑の屋根がある建物の形が酷似していることがわかります。

また、目の前にスーパーマーケットの駐車場があるという条件も揃っています。

事故現場はここである可能性が高いように思われます。

ちなみに、この駐車場はスーパーマーケット『とりせん 田沼店』のものであるようです

この駐車場の目の前にその『とりせん 田沼店』があり、駐車場内にある看板には『とりせん』の名前とロゴが描かれています。

気になる方はストリートビューと、『とりせん 田沼店』の検索結果を確認してみてください。

『とりせん 田沼店』で検索した結果

今回の事故を引き起こしてしまった、87歳の女性は、『とりせん』で買い物をし終えた後に、このような事態に陥ってしまった可能性が高いですね。

スポンサーリンク

佐野市高齢ドライバー事故当時の女性の様子

引用:https://www.fnn.jp

今回の事故に関して、当時店内にいた方が、このようにコメントしています。

「横揺れのひどい地震が来たという感じ。(突っ込んできてからも)アクセル踏んでいる状態だったので。(運転手の女性は)気が動転している感じでした」

引用:https://www.fnn.jp

アクセルとブレーキを踏み間違えてしまったのでしょうか

とにかく不測の事態に気が動転してしまっている様子であったようですね。

車が薬局に突っ込んでもなお、アクセルを踏み続けていたということは、心理状態として、かなりパニックになっていたことが見受けられます。

スポンサーリンク

佐野市高齢ドライバー事故の被害・損害の規模

今回の事故でまず、女性が運転していた乗用車は、前部分が損傷していました。

引用:https://www.fnn.jp

ナンバープレートの下の部分がえぐられている印象を受けます。

車種については、報道の画像上の車のロゴや会社のエンブレムがそこまで鮮明ではないので断定はできませんが、日産のノートあたりと推測できます

引用:https://www.fnn.jp

また、薬局の被害はというと、ガラスの出入り口が大破されているという印象が強いですね。

引用:https://www.fnn.jp

車が一台突っ込んできたので、当然のことではあると思いますが、店内もぐちゃぐちゃになっています。

1日でも早い復旧をお祈りしています。

スポンサーリンク

ネットの反応

今回の事件に対してネット上で様々な意見が見られたのでご紹介します。

早期の免許の返納を…と言いたいところですが、この辺りは車が無いと生活が成り立たない地域。
免許の返納と両輪で、地方の交通インフラの整備も本腰を入れて取り組まないと、こういった痛ましい事故はなくならないでしょうね…。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

とても冷静かつ的確な意見ですね。

免許の返納後の不便さは地域によって違います

郊外であれば、車がないと生活が難しい地域もまだまだ多いのが現実です。

確実に体の機能が衰えていく中で、周りの環境がいかに整っているかということはとても大切なことであるのではないでしょうか。

高齢化が進んでいく中で、家族や地域の協力、環境整備が欠かせない時期はもうとっくに来ているのかもしれませんね。

歳をとっても、車を運転しなければ生きていけない日本がおかしいのだと思う。
変えるべき所、変えていかなければいけないところだと思う。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

こういったニュースから、少しずつでもいいから国が良い変化を生んでいけることが理想ですね。

これはもう早急に免許更新の年齢制限を設けた方がいい。そうでもしなければこの手の事故は無くならない。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

強制的に解決するなら、この方法は確実に高齢者ドライバーによる事故を減らしていけるでしょう。

しかし、上記で述べたように、物理的に難しい地域がある事実からなかなか踏み切れないという背景も見えてしまいますね。

国をあげての対策が今必要になってきている印象を強く受ける事故でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする