佐々木靖幸容疑者の顔画像は?特定!現場も特定か、渡辺真澄さんへの恨みが殺意へ

2019年6月11日夕方から13日の午前までの間に、埼玉県東松山市の集合住宅において、渡辺真澄さんを殺害したとして、2019年6月15日に知人である佐々木靖幸容疑者が逮捕されました。

ここでは、佐々木容疑者の顔画像やSNSについて調べた結果をご紹介します。

スポンサーリンク

佐々木容疑者の事件概要

引用:https://www.asahi.com

2019年6月11日夕方から13日の午前までの間に、埼玉県東松山市の集合住宅において、渡辺真澄さん(38)を殺害したとして、2019年6月15日に知人である佐々木靖幸容疑者(41)が逮捕されました。

埼玉県東松山市のアパートで住人の介護士渡辺真澄さん(38)が血を流して死亡していた事件で、県警は15日、殺人容疑で知人の無職佐々木靖幸容疑者(41)を逮捕した。
逮捕容疑は11日夕から13日午前7時20分ごろまでの間に、室内で渡辺さんの胸腹部を刃物のようなもので突き刺し、殺害した疑い。
県警によると、渡辺さんの胸や腹には刺されたとみられる十数カ所の傷があり、捜査関係者によると、一部は心臓に達していた。司法解剖の結果、死因は失血死で、11日夜ごろ死亡したとみられる。
渡辺さんは勤務先の介護施設を11日夕に退社し、12日は無断欠勤した。13日朝、様子を見に来た同僚がアパートの自室内で倒れているのを発見した。
佐々木容疑者は15日、東京都内で身柄を確保された。

引用:https://www.jiji.com

恐ろしい事件が起こってしまいましたね。

十数カ所もの刺し傷をつけたということは、相当の恨みがあったのでしょうか。

しかも、6月17日の報道では、刺し傷はみぞおちに集中していたということも判明しました。

被害者は最期にとても怖い思いをしたのだと想像すると、心がとても痛くなります。

スポンサーリンク

佐々木容疑者のプロフィール

今回逮捕された佐々木容疑者のプロフィールをまとめてみました。

氏名 佐々木 靖幸(ささき やすゆき)
年齢 41歳
職業 無職
犯行地域 埼玉県東松山市
事件発覚日 2019年6月13日
逮捕日 2019年6月15日
罪状 殺人

事件の発覚日から容疑者逮捕に至るまで2日ほど時間がかかったようですね。

佐々木容疑者は、事件の後に東京まで移動をしていて逮捕が難しくなるように感じられましたが、警察の捜査のおかげで逮捕にいたり安心した方も多かったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

佐々木容疑者の顔画像

今回逮捕された佐々木容疑者の顔画像は、17日にネットのニュースで公開されましたので追加しておきます。

引用:https://www.fnn.jp

一方で被害者の渡辺さんの顔画像は中学生時代のものでありますが、ネットのニュースで公開されていたのでご紹介します。

引用:http://www.news24.jp

また、佐々木容疑者のFacebookアカウントについて調査したところ、同姓同名のアカウントが複数存在し、特定することができませんでした

Facebookで『佐々木靖幸』を検索した結果

スポンサーリンク

佐々木容疑者の事件現場

今回の事件は、埼玉県東松山市の被害者宅で起こりました。

こちらは報道されていた略地図です。

引用:https://www.asahi.com

さらにGoogle mapで調べてみました。

犯行現場、つまり被害者である渡辺さん宅はここであったように思われます。

さらに、ストリートビューと報道の写真を比べてみました。

引用:https://www.asahi.com

集合住宅のエントランスの看板の形や、手前に見えるガレージ、そして建物自体も特徴的な形をしているので、今回の犯行現場はこちらで特定できている可能性が高いと考えられます。

スポンサーリンク

佐々木容疑者の犯行動機

今回の事件に関して、佐々木容疑者は容疑を認めています

供述内容は

「いろいろと尽くしてきたけれど、裏切られた気持ちになり殺そうと決意した」

引用:http://www.news24.jp

とのことです。

こちらの供述は、2019年6月16日に新たに報道されました。

佐々木容疑者は元々2ヶ月ほどの同僚であったようです。

供述から考えると、佐々木容疑者から渡辺さんへの好意が読み取れます

交際関係にあった線もあるように思われますが、不明です。

この供述からは、振られたことによって逆上して殺害してしまったという線も考えられます。

それとも、渡辺さんから裏切られる行為を本当にされ続けていて耐えられなくなったという可能性もゼロではありません。

また、佐々木容疑者が付き合っていると勘違いしていて、お互いの気持ちにズレが生じ、裏切られたように感じてしまったというケースの可能性もありえます。

6月17日の報道では新たな真相がわかり、数日前から事件当日まで二人はメールでのやり取りをしていたようです。

真相は本人にしか分かりません。

たくさんの方が恐怖の印象を受け、不安になっている最中ということもあり、本人の口からしっかりと詳細な真実が語られて欲しいところです。

スポンサーリンク

佐々木容疑者の事件の先行記事について

引用:https://www.asahi.com

今回の事件は、発覚から本人逮捕までに2日ほど時間を要していましたね。

事件の発覚の時点で、容疑者不明で報道がされており、また詳細な情報がみられたのでご紹介します。

県警によると、渡辺さんは5階建て集合住宅1階のワンルームに1人で暮らしていた。11日は出勤して夕方には職場を出たが、12日に連絡なく欠勤したため、同僚の女性が13日朝、様子を見に行き、遺体を見つけた。玄関のドアは施錠されておらず、渡辺さんは室内のユニットバスの出入り口付近で倒れていたという。

引用:https://www.asahi.com

渡辺さんは集合住宅の1階に住んでいたようですね。

また、同僚の女性が渡辺さんの様子を確認した時に部屋の鍵はかかっていなかったということから、渡辺さんが自ら佐々木容疑者を部屋に招き入れる形であったと予想できます。

なぜ、ユニットバス付近で倒れていたのかというのが少し不思議に思われますね。

何度も刺されている間に、逃げるために移動した線も考えられますし、身だしなみをチェックして気が緩んでいる時を狙われたという線も考えられます。

また、同じ集合住宅の住民の様子は、

複数の住民によると、住民どうしの交流は少ないといい、渡辺さんと同じ階に住む50代のブラジル人女性は渡辺さんについて「見たことがない」という。近くに住む女性(86)は「60年以上ここで暮らしているが、このような話を聞くのは初めて。早く真相が明らかになってほしい」と話した。

引用:https://www.asahi.com

ということだったようです。

同じ階に住みながら、見たことがないとは交流が少ないにもほどがあるなといった印象を受けますが、渡辺さんの介護士という職業柄、夜勤なども多く、他の住民の方と生活リズムが違ったということも考えられますよね。

また、近所に住む女性は、驚きつつもやはり不安の思いから、早期の真相究明を望んでいるようでしたね。

容疑者が県外に逃亡していたにも関わらず、早いうちに逮捕につながったことは地域住民にとって安堵の材料になったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ネットの反応

今回の事件に対して、ネット上でも反応が見られたのでご紹介します。

ついに逮捕されましたね。

数十ヶ所刺すとは相当強い殺意があったことが認められます。

何が原因かしっかり調べて書類送検してもらいたいです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

前々からこの事件に注目していたことがうかがえる意見です。

やはり、刺し傷の多さが引っかかるようですね。

警察の慎重な捜査が望まれているようです。

例え凄い裏切られたとして、殺害といった短絡的な行動が許される訳がない。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

その通りです。

どんなに相手からひどいことをされても、なんども裏切られたとしても、殺人は絶対に行なってはいけません。

供述からも、佐々木容疑者の渡辺さんに対する好意が読み取れますが、それならば、命を奪うのではなく彼女を幸せにする選択を、彼女に関わる一人間として実践してほしかったです。

今回の事件は、埼玉県東松山市で起こった殺人事件でした。

今回の事件についてはまだわかっていない点や疑問に思われる点も多く見受けられましたので、今後の警察の捜査と真相に世間の注目が集まっているのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする