佐藤啓正容疑者の顔画像は?再逮捕も、女児にわいせつ行為…鳥肌の立つその動機は?

2019年5月下旬に会津地方において小学生女児にわいせつな行為をはたらいたとして、2019年6月11日に福島市郷野目の団体職員である佐藤啓正容疑者がわいせつ目的略取と強制わいせつの疑いで逮捕されました。

ここでは佐藤容疑者の顔画像やSNS等について調べた結果をご紹介します。

スポンサーリンク

佐藤容疑者の事件概要

引用:https://www.fnn.jp

2019年5月下旬に会津地方において小学生女児にわいせつな行為をはたらいたとして、2019年6月11日に福島市郷野目の団体職員である佐藤啓正容疑者(25)がわいせつ目的略取と強制わいせつの疑いで逮捕されました。

加筆(2019年7月16日):別の日にも女児を刃物で脅した上に、車で連れ去った容疑が浮上し、わいせつ略取の疑いなどで再逮捕されました。

先月、女子児童を車で連れ去り、胸をさわるなどのわいせつな行為をした疑いで、福島市の25歳の団体職員が警察に逮捕されました。

逮捕されたのは、福島市郷野目の団体職員、佐藤啓正容疑者(25)です。
警察によりますと、佐藤容疑者は先月下旬ごろ、会津地方で小学生の女子児童を車で連れ去り、胸を触ったりしたとして、わいせつ目的略取と強制わいせつの疑いが持たれています。
佐藤容疑者は1人で登校していた児童を路上で無理やり助手席に押し込んだあと、ひと目のつかない場所まで移動してわいせつな行為をしたとみられ、児童を10分間ほど連れ回した疑いがあります。
警察は家族の通報を受けて捜査し、車の特徴などから佐藤容疑者を特定して、11日、逮捕しました。

引用:https://www3.nhk.or.jp

今回の事件は、まだ力が弱く抵抗しきれない小学生女児を狙ったわいせつ事件でした。

被害者児童に怪我はなかったようですが、心には大きな傷が残ったと思います。

被害者児童の心のケアがしっかりなされていることをのぞみます。

スポンサーリンク

佐藤容疑者のプロフィール

今回逮捕された佐藤容疑者のプロフィールをまとめてみました。

氏名 佐藤 啓正(さとう ひろまさ)
年齢 25歳
職業 団体職員
居住地 福島県福島市郷野目

罪状 わいせつ目的略取と強制わいせつ

佐藤容疑者の年齢の若さに少し驚いた方も多かったのではないでしょうか

年齢的にも特に力も強かったと思うので、被害者は相当怖い思いをしたのではないかと推測されます。

罪が今の時点で既に二つになっているので、佐藤容疑者に対してどのような法的措置が取られるのか注目している方も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

佐藤容疑者の顔画像

引用:https://www.fnn.jp

佐藤容疑者の顔画像を調べたところ、まだ公開されていないようでした。

こちらは公開され次第、追加しておきます。

また、佐藤容疑者のFacebookアカウントについて調査したところ、同姓同名のアカウントは見当たらず、特定することはできませんでした

もしかすると、佐藤容疑者はFacebookを利用していないのかもしれませんね。

Facebookで『佐藤啓正』を検索した結果

佐藤容疑者の事件現場

今回の事件は、福島県の会津地方で起こりました。

引用:https://www.tif.ne.jp

会津地方とは、会津若松市を中心に南会津を含む、福島県の西部の地域を指します

今回の事件の詳しい場所については報道されていませんが、佐藤容疑者の住む福島市とまた別の地域になってくるので、わざと居住地域とは別のところで犯行に及んだ可能性も考えられますね。

福島市の位置は以下の通りです。

スポンサーリンク

佐藤容疑者の犯行動機

引用:https://www.fnn.jp

今回の事件について佐藤容疑者は

「自分の性欲を満たすためだった」

引用:https://www3.nhk.or.jp

と供述し、容疑を認めています

しかし、初めて会うような小学生女児を性の対象として見ているような発言で不安になってしまう保護者の方も多かったのではないでしょうか。

欲求を満たすために、車に連れ込み、連れ回し、その個室の狭い空間でわいせつ行為をはたらくというのは、小学生にとってトラウマ以外の何物でもありませんよね。

今回の事件は、被害者のことを考えると、本当に胸が痛くなります。

被害者の心のケアが十分にされるよう願っています。

スポンサーリンク

佐藤容疑者の事件に対して近所の方の反応

引用:https://www.fnn.jp

今回の佐藤容疑者が引き起こしたわいせつ事件に対して、近所の方がインタビューに応えていたのでご紹介します。

近所の方は、

「嫌だね、こんな近くに(容疑者が)いるのかなと思うと」

引用:https://www.fnn.jp

と語っていたようです。

やはり近くに犯罪者が住んでいるとなると怖いと思う方は多いのではないでしょうか。

また不安になって外出を控えたり、特に今回のような事件では、自分の子供を外に出すのが怖いと感じてしまう保護者もたくさんいると思います。

この地域にまた平穏で安心できる日々が、1日でも早く戻って来て欲しいところです。

スポンサーリンク

佐藤容疑者の事件に対するネットの反応

今回の事件に対してネット上で様々な意見が見られたのでご紹介します。

女の子にケガはなくても
心に負ったキズは一生癒えない

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

今回の被害者女児の心には深い傷がついてしまったのではないかと、誰もが想像できますよね。

そのトラウマと、彼女がこれから闘って生活していくと思うと、本当に心が痛くなりますね。

被害者のプライバシーにつけこんで性犯罪者を不起訴にすればまた再犯する可能性が高い
GPSや性欲抑制剤などの対処なしに野放しにすべきではない

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

今後、容疑者がどのような法的措置を取られるのか懸念している声も多く見られました。

効果的に今回のような犯罪を減らしていくにはどのような対処が正解なのでしょうか。

警察だけでなく、私たちひとりひとりも真剣に考えて、今回のような犯罪の撲滅に努めたいところですね。

今回の事件は、会津地方で起こった小学女児に対するわいせつ行為でした。

最近、小学生に対するわいせつ行為により逮捕される容疑者の報道が絶えません。

まだ力の弱い小学生が性犯罪に巻き込まれないためにも、効果的な対策が必要でありそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする