佐藤勝容疑者と千葉新一郎容疑者の顔画像は?

2019年4月10日に常習賭博の疑いで、佐藤勝容疑者と千葉新一郎容疑者が逮捕されました。

ここでは佐藤容疑者と千葉容疑者の顔画像やSNS等について調査した結果をご紹介します。

スポンサーリンク

事件の概要

引用:http://www.news24.jp

2019年4月10日に常習賭博の疑いで、横浜市中区にあるゲーム機賭博店の佐藤勝容疑者(37)と千葉新一郎容疑者(52)が逮捕されました。

常習賭博の疑いで逮捕されたのは、横浜市中区にあるゲーム機賭博店の従業員・佐藤勝容疑者と千葉新一郎容疑者の2人。神奈川県警によると、2人は10日午前、通常よりも賭け金が賭けられるいわゆる「闇スロット」で、客2人に賭博をさせた疑いが持たれている。調べに対し、2人は「間違いありません」と容疑を認めているという。

引用:http://www.news24.jp

今回の事件は闇スロットで客の二人に賭博をさせた疑いで店員が逮捕されました。

その時の客の心境はどうであったのでしょうか。

自ら進み出て闇スロットをしたのか、それとも無理やりさせられたのか、それによってまた事件の内容が変わってくるでしょうから、今後も慎重な捜査が必要になってくる事件なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

佐藤容疑者と千葉容疑者のプロフィール

今回逮捕された佐藤容疑者と千葉容疑者のプロフィールをまとめてみました。

氏名 佐藤 勝(さとう まさる)・千葉 新一郎(ちば しんいちろう)
年齢 佐藤容疑者:37歳 千葉容疑者:52歳
職業 ゲーム機賭博店従業員
職場 横浜市中区
罪状 常習賭博罪

今回の容疑者ふたりは、同じ職場の上司と部下だったので、共謀する形になってしまったのでしょうか。

スポンサーリンク

佐藤容疑者と千葉容疑者の顔画像

今回逮捕された容疑者二人の顔画像を調査したところ、佐藤容疑者のみネットのニュースで公開されていました

引用:http://www.news24.jp

しかし、マスクで顔の半分が隠れていたため、全貌を見ることはできませんでした。

また今回の容疑者二名についてFacebookアカウントを調査したところ、佐藤容疑者は同姓同名が複数存在し、千葉容疑者は同姓同名が存在しましたが判断材料に欠けるため、双方特定することができませんでした

Facebookで『佐藤勝』を検索した結果

Facebookで『千葉新一郎』を検索した結果

スポンサーリンク

事件現場

今回の事件が発生した横浜市中区の地図です。

横浜市の中心地域で中華街やみなとみらいがあります

しかし、きれいな街並みとはうって変わって、一本裏の通りに入ると、危険そうな雰囲気の漂うお店が並んでいるところもあります。

今回の事件のような密かに問題を抱えているお店は、もしかしたらまだ他にもあるのかもしれませんね。

容疑者二人が働いていた店舗は、2019年3月下旬に開店し、ほぼ24時間営業だったようです。

スポンサーリンク

犯行動機

引用:http://www.news24.jp

今回の事件に関して、容疑者二人は容疑を認めていますが、動機についてはまだ報道されていないようです。

考えられる動機は、やはり店の売り上げを増やしたかったからでしょうか。

新規開店直後で早急に結果を出さなければならない状況であった可能性も考えられます。

また、もし無理やり闇スロットを客にさせたのであれば、ストレス発散や面白半分といった動機も考えられるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

賭博とは?

引用:http://www.news24.jp

そもそも賭博とは一体何であるのでしょうか?

賭博とは、偶然の勝敗によって、お金や物品の損得を複数名が争うことです。

つまり、偶然の要素によって勝敗が左右される遊戯について、複数人で金品を賭けて勝敗を争うことを賭博といいます。

勝敗を争うということは、もちろん当事者の各々がリスクを有していることが前提です。

すなわち当事者のみにリスクがある、参加費無料の大会は賭博ではありません。

また、一時の娯楽に供するものを賭けた場合も、賭博罪の対象にはなりません

これは簡単に言うと、一時的に消費されるもののことで、食べ物や飲み物やタバコなどが挙げられます。

金銭に関しては、価格の高低、現金であるかそうでないか等で判断されるようです。

今回の事件の闇スロットは掛け金が高かったというのが、賭博罪にかかる主な原因だったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ネットの反応

今回の事件に関して、ネット上では様々な意見が見られましたのでご紹介します。

中区周辺は、犯罪が多い!

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

同じことを考える方も多いのではないでしょうか。

横浜市の中心街である中区は、栄えている分隠れた闇も多い地域のように思われます。

犯罪が多発しているような印象を持っている方もいるのではないでしょうか。

スロットに闇も表もない!パチンコ店も十分法律違反では?

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

スロットが好きな方の意見だったのでしょうか。

パチンコ店は法律に違反しないようですよ。

三店方式という営業形態によって賭博罪を上手く回避しているようです。

パチンコが好きな方も安心してご利用ください。

今回の事件は賭博という、普通に生活しているとなかなか馴染みのないことが主な内容でした。

しかし、身近にある宝くじや競馬、パチンコは賭博罪に引っかからないがどうしてなんだろうと思われた方も多いのではないでしょうか。

今回の事件をきっかけに、賭け事を趣味にしていたり、つき合いで賭け事に参加せざるを得ない状況に備えて、自分のする賭け事が法律違反ではないのか、誤解を招かず自分の身を守れるように、調べていくことが大切なのではないでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする