下地祐平容疑者の顔画像は?寝ている女性宅に侵入とは怖すぎる

2019年6月11日の午前6時半ごろに、宮古島市内の女性宅に侵入し、寝ているところを乱暴しようとした疑いで、自動車整備工である下地祐平容疑者が逮捕されました。

ここでは下地容疑者の顔画像やSNS等について調べた結果をご紹介します。

スポンサーリンク

下地容疑者の事件概要

引用:https://www.qab.co.jp

2019年6月11日の午前6時半ごろに、宮古島市内の女性宅に侵入し、寝ているところを乱暴しようとした疑いで、自動車整備工である下地祐平容疑者(25)が逮捕されました。

 11日、宮古島市で住宅に侵入し、部屋で寝ていた女性に乱暴しようとしたとして男が逮捕されました。

警察によりますと、逮捕されたのは宮古島市の自動車整備工・下地祐平容疑者(25)です。下地容疑者は11日午前6時半ごろ、宮古島市の住宅に侵入し、この家に住む20代の女性に乱暴しようとした疑いがもたれています。

女性が目を覚まし、抵抗したため下地容疑者は逃走しましたが、警察による聞き込み、また被害女性の証言などから逮捕に至りました。

引用:https://www.qab.co.jp

目を開けたら家の中に知らない人がいるという状況は考えただけでも恐ろしいですよね。

今回の場合は、準強制性交未遂などの罪に問われているようです。

住居侵入などの、さらなる罪が重なっていそうですね。

被害者女性は怖い思いは十分あったと思いますが、しっかりと抵抗したため自分の身を守ることができたようで、その事実に安心した方も多かったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

下地容疑者のプロフィール

今回逮捕された下地容疑者のプロフィールをまとめてみました。

氏名 下地 祐平
年齢 25歳
職業 自動車整備工
居住地 宮古島市
罪状 住居侵入など

下地容疑者はまだ若く25歳であったと報道されています。

また、居住地と同じ宮古市内での犯行とあり、もしも犯行現場と自宅が近いならば、突発的な犯行ではなく前々から被害者女性を特定して狙っていた可能性も考えられますね。

いずれにせよ、眠っている間に勝手に家の中に入られているのはとても恐ろしいことですね。

スポンサーリンク

下地容疑者の顔画像

引用:https://www.qab.co.jp

今回逮捕された下地容疑者の顔画像は、公開されていないようでした。

こちらは公開され次第、追加しておきます。

また、下地容疑者のFacebookアカウントを調査したところ、同姓同名のアカウントは存在せず、特定に至りませんでした

下地容疑者はFacebookを利用していないのかもしれませんね。

Facebookで『下地祐平』を検索した結果

スポンサーリンク

下地容疑者の犯行現場

今回の事件は宮古島市で発生しました。

沖縄県の有名な観光地の一つである宮古島。

今回の事件は島民も観光客も不安にさせてしまうような内容の事件でした。

特に決して大きくない島であるので、島民の方々が生活を安心して送れるように、島民が一丸となって何か対策をしていく必要があるかもしれませんね。

スポンサーリンク

下地容疑者の犯行動機

引用:https://www.qab.co.jp

今回の事件に関して、下地容疑者は

「間違いない」

引用:https://www.qab.co.jp

と供述し、容疑を認めているようです。

今回の事件の犯行動機は一体何であったのでしょうか。

考えられることを挙げてみます。

・下地容疑者が被害者女性に好意を持ち、前々から狙っていた

・ストレス発散などによる、突発的な犯行

・被害者女性に、個人的な恨みがあった

などが挙げられます。

被害者女性との関係も報道されていないので、動機の特定は、今の段階では難しそうですね。

スポンサーリンク

強制性交と準強制性交の違いは?

今回の容疑者が問われている罪は、準強制性交未遂でした。

ここでなぜ「準」という言葉がつくのか疑問に思った方は多いのではないでしょうか。

また「準」のつく明確な基準があるのだろうかというのも気になりますよね。

ここでは、強制性交と準強制性交の違いについてご説明します。

強制性交とは、暴力や脅迫といった手段を用いて性交等の行為におよぶことを指します。

一方、準強制性交は、心神喪失や抗拒不能の状態を利用して性交等の行為におよぶ場合のことです。

ただしこのように、基準が差別化されるのは13際以上のものに対する強制性交の場合です。

今回は眠っている状態を利用されたので、準強制性交未遂の容疑がかけられました。

準強制性交は「準」とつくので罪が軽いように感じられますが、決してそんなことはなく、罪の重さは両者で同様に重大なのです。

スポンサーリンク

まとめ

引用:https://www.qab.co.jp

今回の事件は、宮古島市で起こった、25歳の自動車整備工による、準強制性交未遂の事件でした。

被害者はとても怖い思いをしたでしょう。

未遂で済んだとはいえ、心のケアが必要の可能性も高いのではないでしょうか。

また、宮古島は観光地としてもとても有名であります。

今回の事件はイメージダウンにも繋がる恐れがあるので、観光産業を維持していくためにも島全体で再発防止に一丸となって努めていってほしいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする