鈴木雄介容疑者の顔画像は?酒気帯び運転で鉄柵に衝突

2019年4月20日に、横浜市南区の駐車場内で住宅の鉄柵に衝突し、運転手である鈴木雄介容疑者が、道路交通法違反(酒気帯び運転)で逮捕されました。

ここでは、鈴木容疑者の顔画像やSNS等について調査した結果をご紹介します。

スポンサーリンク

鈴木容疑者の起こした事件概要

2019年4月20日に、横浜市南区の駐車場内で住宅の鉄柵に衝突し、運転手である鈴木雄介容疑者(33)が、道路交通法違反(酒気帯び運転)で現行犯逮捕されました

20日午前1時20分ごろ、横浜市南区堀ノ内町の駐車場内で、普通乗用車が隣接する住宅に設置された鉄柵に衝突。通報で駆けつけた神奈川県警南署員が車を運転していた男の呼気を調べたところ、基準値を超えるアルコールが検出されたことから、道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで男を現行犯逮捕した。

逮捕されたのは、同市旭区東希望が丘の内装業、鈴木雄介容疑者(33)。

引用:https://www.iza.ne.jp

飲酒運転防止運動が盛んになっている中で、酒気帯び運転による交通事故が起こってしまいました。

今回は怪我人等おらず、人が巻き込まれていない事件であったことが不幸中の幸いであったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

鈴木容疑者のプロフィール

今回逮捕された鈴木容疑者のプロフィールをまとめてみました。

氏名 鈴木 雄介(すずき ゆうすけ)
年齢 33歳
職業 横浜市旭区 内装業
犯行地域 横浜市南区
罪状 道路交通法違反(酒気帯び運転)

鈴木容疑者は内装業に従事しているようですね。

今回の事故は土曜日に発生したため、休日に起こした事件だったかもしれませんね。

もしも、外回り等の勤務中の事故であったならば大事ですね。

そういった状況は、まだ報道されていませんでした。

スポンサーリンク

鈴木容疑者の顔画像

今回逮捕された鈴木容疑者の顔画像は、まだ公開されていないようでした。

こちらは公開されたら追加しておきます。

また、鈴木容疑者のFacebookアカウントを調査したところ、同姓同名のアカウントが多数存在し、特定することができませんでした

Facebookで『鈴木雄介』を検索した結果

スポンサーリンク

鈴木容疑者の起こした事件現場

今回の事件現場である、横浜市南区堀ノ内町の地図です。

今回の事件現場である堀ノ内町は、横浜市営地下鉄線の「蒔田」駅が近いようですね。

この町の住宅ひとつの鉄柵に衝突したようですね。

スポンサーリンク

鈴木容疑者の犯行動機

今回の事件に対して鈴木容疑者は

「飲酒運転をしたことに間違いありません」

引用:https://www.iza.ne.jp

と供述しており、容疑を認めています

飲酒運転した理由について、鈴木容疑者は語っているのか不明ですが、考えられる理由として、

・飲酒していても事故を起こさない自信があった

・ストレスが溜っての犯行

・自暴自棄になっていた

等、たくさんの可能性が挙げられます。

駐車場内での事件であったため、駐車中であったのかもしれません。

もしそうであるならば、何か目的があって駐車場に行ったはずであるので、やはり飲酒をしていても事故を起こさない自信があったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

酒気帯び運転と酒酔い運転の違い

今回の事故の原因である「酒気帯び運転」。

「酒酔い運転」という言葉もありますが、両者の違いは一体何であるのでしょうか。

酒気帯び運転は、呼気から0.15mg/L以上のアルコールが検出される状態で運転をしていることです。

一方、酒酔い運転は、言動がおかしいなど客観的に見て酔っぱらっている状態で運転していることです。

呼気のアルコール濃度は、各人のアルコール耐性や体質に関係なく検出される値で、酒酔い状態は個人の体質などで症状の度合いが異なってきます

現在、飲酒運転に対して、運転者も同乗者も犯罪になるように決められています。

スポンサーリンク

鈴木容疑者に対するネットの反応

今回の事件に対して、ネット上では多数のコメントが挙がっていました。

いまだに減らない懲りない飲酒運転!人命でなくてよかった。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

飲酒運転に対する怒りと、人命にかかわらなかったことに対する安堵が見られる投稿が多かったです。

刑が軽いから
飲酒運転も事故も無くならない
無くなるのは人の命
そんな事もわからない日本の法律

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

飲酒運転に対する刑の軽さが、飲酒運転の減少につながらないと考えて日本の法律に対する不満の声もあるようでした。

今回の事件は、飲酒運転による事故という注目度も高い事件でありました。

ネット上での反応を見ると、今回の事件で、飲酒運転や日本の法律について深く考えさせられた方も多かったようですね。

これからお酒が美味しいと感じる行事が増える季節、飲酒運転に対する効果的な防犯対策がすすんでいくことを願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする