和歌山市立新南小学校で体罰!9ヶ月間・担任児童の半数が被害

2019年4月から12月下旬にかけて、和歌山市立新南小学校において、担任児童の約半数に対し、日常的に体罰を与えていたとして、46歳の教諭が停職6カ月の処分となり、54歳の校長も体罰を把握できなかったとして戒告処分受けたと、2020年2月7日に和歌山県教育委員会が発表しました。

ここでは、今回の事件の概要や、体罰を行なっていた教諭が一体誰なのかなどについて調べたことをご紹介します。

スポンサーリンク

和歌山市立新南小学校の体罰概要

2019年4月から12月下旬にかけて、和歌山市立新南小学校において、担任児童の約半数に対し、日常的に体罰を与えていたとして、46歳の教諭が停職6カ月の処分となり、体罰を把握できなかったとして54歳の校長も戒告処分受けたと、2020年2月7日に和歌山県教育委員会が発表しました。

和歌山県教育委員会は7日、担任を務める小学6年の児童の約半数に9カ月間、日常的に体罰を加えたとして、和歌山市立新南小の教諭(46)を停職6カ月の処分とした。校長(54)も長期間体罰を把握できなかったとして、戒告処分とした。教諭は現在担任を外れ、自宅待機している。

 県教委によると、教諭は昨年4~12月下旬に、担任する児童37人のうち約半数の児童に対し「学級のルールを守らなかった」などとして、こめかみに両拳を押しつけたり、額を指ではじいたり、ほうきの柄で足をたたいたりするなどの体罰を日常的に加えていた。

引用:https://this.kiji.is

担任児童の約半数が、体罰を受けていたという事実に驚いた方が多かったのではないでしょうか。

9ヶ月間もこの事実が明るみに出なかったということに対して、児童達が担任の教諭に対して恐怖を抱いていたから周りに相談することができなかったといった原因も考えられますが、実際のところは何があったのでしょうか。

スポンサーリンク

和歌山市立新南小学校について(位置など)

今回、体罰で問題になった小学校は、和歌山市立新南小学校でした。

また、新南小学校のホームページもあるようです。

気になる方はあわせてチェックしてみてください。

新南小学校のHPトップページへ

スポンサーリンク

和歌山市立新南小学校の体罰・担任の先生は誰?

今回の新南小学校での体罰を行なっていた教諭の名前は、報道内で公開されていませんでしたので、特定には至りませんでした

年齢が46歳ということは報じられていました。

また、現在は担任を外れ、自宅待機しているとのことです。

また、体罰を長期にわたって把握しておらず、同時に処分を受けた校長の名前も同様に特定することができませんでした

今回の体罰に関して、暴力ではなく言葉による解決はできなかったのでしょうか。

保護者や児童の不安も大きいでしょうし、他の教諭の方々も対応に追われて大変な姿を想像できます。

その通りだとしたら、とても多くの方に影響を与えてしまっています。

今回体罰を与えてしまった教諭の方は今回の自宅待機の間に、反省して二度と同じことを繰り返さないでほしいところですね。

年齢から考えてもベテランの方になっていると思われるので、きっと尊敬の眼差しを向けていた生徒や保護者も少なくなかったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

和歌山市立新南小学校の体罰のきっかけは

今回の体罰に関して、新年度から行われていたというところが気になります。

新学年、新しいクラスになって間も無く体罰が始まっているのです。

46歳の教諭がなぜこんなに早くにも体罰を始めてしまったのでしょうか。

考えられる原因をあげてみます。

  • 本当は担任を持ちたくなかった
  • 仕事や生活上のストレスから
  • 問題のある生徒が多いクラスであった
  • 学校の方針に対して不満があった

などが考えられますが、実際のところは何であったのでしょうか。

スポンサーリンク

ネットの反応

今回の新南小学校の体罰に対して、ネット上では様々な意見が見られたのでご紹介します。

是非子供にインタビューしてもらいたいね。この先生が嫌いか好きかね。これを判断できるのって本当は子供達だけなんだよな。今は法的に問題あるんだろうけどな。
こんな行動だけで騒がれるとか先生に同情するわ
なんの問題もない生徒にしてたら問題あるけどな。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

体罰に対しては賛否両論ありますよね。

もちろん現在は体罰というものは問題視される時代になっています。

「子供達の判断」というのは一番のポイントかもしれません。

これは体罰ではありません。
体罰とはバケツ持って廊下に立たせたり・・・です。
直接痛みを与えるのは暴力ですね。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

今回の件は立派な暴力であるというのはもっともな意見であると思います。

内容的にも、受けた生徒は痛みを感じていたのではないでしょうか。

男子だけに体罰とか、女子だけに体罰
って意味での半数じゃないよね?

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

担任児童の半数というところに引っかかった方もいたようです。

体罰の対象に関して、男女の差別があったとしたら、それはそれで恐ろしさを感じます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする