吉田博和容疑者と田中洋毅容疑者・有希容疑者の顔画像は?特定!神奈川大麻事件

2019年6月12日から13日にかけて、神奈川県において大麻取締法違反違反などの疑いで、吉田博和容疑者と田中洋毅容疑者、そして田中容疑者の妻である有希容疑者ら6名が逮捕されました。

ここでは、容疑者らの顔画像やSNSについて調査した結果をご紹介します。

スポンサーリンク

神奈川大麻事件の概要

引用:https://www.fnn.jp

2019年6月12日から13日にかけて、神奈川県において大麻取締法違反違反などの疑いで、吉田博和容疑者(49)と田中洋毅容疑者(42)、そして田中容疑者の妻である有希容疑者(42)ら6名が逮捕されました。

神奈川県内で、大麻工場など3カ所が摘発され、6人が逮捕された。

会社員の吉田博和容疑者(49)は12日、茅ケ崎市のビルで、大麻草161本と乾燥大麻11本を営利目的で栽培するなどしていたところを現行犯逮捕された。

また警察は、平塚市の大麻工場も摘発して男3人を逮捕し、大麻草45本などを押収した。

一方、小田原市の倉庫からは、大麻草の苗28本が見つかり、倉庫などに出入りしていた田中洋毅容疑者(42)と妻の有希容疑者(42)が、大麻と覚せい剤の所持で現行犯逮捕された。

3カ所とも、同じ密売グループの大麻工場とみられている。

引用:https://www.fnn.jp

田中洋毅容疑者と有希容疑者の自宅からは、大麻だけでなく覚せい剤も押収されたようですね。

また、吉田容疑者ら4名が茅ヶ崎市において大麻の栽培を、営利目的で行っていました。

同じグループの大麻工場が3箇所も同時に摘発されて安心すると同時に、こんなに大規模に大麻を栽培している工場があることに少し怖い気持ちがした方も多かったのではないでしょうか。

今回押収された大麻草は合計234本で、末端価格で総額2340万円分にものぼるそうです。

スポンサーリンク

吉田容疑者と田中洋毅容疑者のプロフィール

今回逮捕された吉田容疑者と田中洋毅容疑者のプロフィールをまとめてみました。

<吉田容疑者>

氏名 吉田 博和(よしだ ひろかず)
年齢 49歳
職業 会社員
居住地 平塚市南原

大麻栽培地域 神奈川県茅ヶ崎市のビル
罪状 大麻取締法違反

<田中洋毅容疑者>

氏名 田中 洋毅(たなか ひろき)
年齢 42歳
職業 アルバイト
居住地 平塚市馬入本町

大麻栽培地域 自宅・小田原市の倉庫
有希(あき)・42歳
罪状  大麻取締法違反など

田中容疑者夫妻は覚せい剤も押収されているので、もしかしたら他にもいくつか罪が重なっているかもしれませんね。

スポンサーリンク

吉田容疑者・田中容疑者夫妻の顔画像

今回逮捕された6名のうち、吉田容疑者、田中容疑者夫妻の逮捕時の様子がネットのニュースで公開されていました

<吉田容疑者>

引用:https://www.fnn.jp

フラッシュの光に対して眩しそうにしていますが、顔の特徴がよく認識できますね。

<田中洋毅容疑者>

引用:https://www.fnn.jp

洋毅容疑者はマスクで顔の半分が隠れていました。

<田中有希容疑者>

引用:https://www.fnn.jp

有希容疑者はフードを目深に被って、顔がみられないように隠しているようでした。

また3名のFacebookアカウントも調査してみました。

吉田容疑者については、同姓同名のアカウントが複数存在し、特定することができませんでした。

Facebookで『吉田博和』を検索した結果

田中洋毅容疑者については、同姓同名のアカウントは見つかりましたが、判断材料が少なかったため、特定に至りませんでした

気になる方は、自分で調べてみてください。

Facebookで『田中洋毅』を検索した結果

田中有希容疑者については、同姓同名のアカウントが多数存在し、特定することができませんでした。

Facebookで『田中有希』を検索した結果

スポンサーリンク

神奈川大麻事件3つの犯行現場

今回の事件では、3箇所が大麻の栽培をしていると摘発されました。

吉田容疑者ら4名は、神奈川県茅ヶ崎市のビルで犯行に及んでいました。

また田中容疑者夫妻については、平塚市の自宅および小田原市の倉庫内で大麻の栽培をしていたようです。

こちらが自宅のある、平塚市馬入本町です。

大麻栽培に利用していた倉庫は小田原市にありました。

決して遠くはない範囲で3つも大麻栽培の拠点を設置していたとは、なんだか恐ろしいですね。

ここまで築き上げるのにいったいどのくらいの歳月をついやしたのでしょうか。

またその間に、早くこの犯罪を発見し食い止めることはできなかったんでしょうか。

さらに、この大麻を購入するお客がいた可能性も考えられますが、その買手はどこかに潜んでいることも考えられます。

いずれにせよ、警察の慎重な捜査が要求されているでしょう。

スポンサーリンク

神奈川大麻事件の犯行動機

引用:https://www.fnn.jp

今回の事件に対して容疑者らは、それぞれの供述と意思表示をしています。

田中容疑者夫妻は容疑を認めていますが、吉田容疑者ら2名は容疑を一部否認しているようです。

一方で、他の2名の容疑者らは容疑を否認しています。

押収品がこれだけ出てきている以上、潔く罪を認めて欲しいと願う方々も多いのではないでしょうか。

今回の事件の犯行動機としては、営利目的でありそうですね。

およそ2340万円分もの大麻を所持していたわけですから、大麻を売りさばいたお金目当ての犯行の可能性が高いのではないかと推測されます。

いったいなぜこの6人がグループを組んでいたのかなど、謎に包まれた点も多いので、今後の報道から目が離せませんね。

スポンサーリンク

大麻は本当に悪いものなの?

引用:https://www.fnn.jp

「大麻は体に悪いものではない」という話を聞いたことがある方がいるのではないでしょうか。

実際に大麻合法国もいくつか存在します。

日本は、世界でも大麻の取り締まりが厳しい国の上位に位置しています。

実際、覚せい剤などとは違いそこまで依存性がないということや、さらにはたばこやお酒よりも依存性が低いなどといった情報も存在します。

しかし、たばこやお酒のように、体に少なからず影響は与えるようです。

また、厚生労働省のホームページでは大麻は脳を壊すといった記述があり、絶対に1回でも服用してはいけないという呼びかけがなされています。

相対する情報が錯綜し、国民の混乱を招いているようにも思われますが、日本では厳しく取り締まられており、絶対的に禁止にされているので、日本に住んでいる以上その法律を遵守する必要が、国民にはありますよね。

実際に大麻を服用したことがない人が多数であるので、大麻の善悪について真偽のほどはわかりませんが、法律的に判断すると日本ではもちろん悪です。

それなのでネット上の情報に惑わされることなく、もしも大麻に触れる状況に直面したとしても、しっかりと理性的に踏みとどまるようにしていく必要があるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

引用:https://www.fnn.jp

今回の事件は、神奈川県の3地域におよぶ、大麻の栽培場所が摘発された事件でした。

今回の大麻取締法違反の容疑者は6名いたようですが、全員が容疑を認めているわけではありません。

今後の警察の慎重な捜査が要求されるでしょう。

また大麻に関する情報はネット上にたくさんあふれていますが、日本では絶対的に使用が禁止されていることをしっかり理解して、国民ひとりひとりが加害者や被害者にならないように気をつけていきたいところですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする